So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

羽化してきたね [マグダレインコクワガタ]

2015年11月4日割り出しの幼虫が羽化してきている。

マグダレインコクワガタ・・・コクワと言う名前がついているけど、アゴの形で分かる通りアカアシクワガタの1種だ。
感覚的に言うとコクワよりも少し上品な感じがする、私だけかもしれんけど。

DSCN2877[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2017年1月羽化 体長40mm
WDペアを東京浅草の業者から買ったのだが、中々多産だったような。

DSCN2878[1].jpg

DSCN2879[1].jpg
埋め込みにも使える微添加の発酵マットを800CCボトルに詰めて、エサ替えは無し。
掘り出し時、マットは良く乾燥していた。
・・・そりゃまぁこんな飼育だと大きくならんか。

DSCN2881[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2016年秋口羽化(気づいたら羽化していた)
体長29mm
この個体は少し羽パカで羽にある凹みが残念。
だけど25度の部屋で育てられたから、仕方ないか。

DSCN2882[1].jpg

DSCN2883[1].jpg
・・・しかしダニが多いな、それに小さいし。

・・・でも羽が橙色をしていて特徴が良くわかるし、中々良い個体なのかも。
もっと大きければ、より特徴が分かるけど。
・・・まぁF2で大物を作れば良いじゃない。
nice!(0)  コメント(2) 

長命なんかなぁ [ネプチューンオオカブト]

四国の方から魚が送られてきた。

DSCN2856[1].jpg
お返しが全く出来ていないから心苦しいなぁ。

DSCN2858[1].jpg

DSCN2859[1].jpg
サバが一杯!
それに肉付きも良い!

それじゃ早速捌こうか。

DSCN2860[1].jpg

DSCN2864[1].jpg
骨が柔らかいから捌きやすい。
ただ骨抜きが見当たらないから、小骨が取れない。
・・・仕方ない、これでお裁きは終了だ。

DSCN2865[1].jpg
綺麗に捌けたと思うけど、毎度のように半分は姉に持って行かれた。(^^)/

四国の方、毎度ながらありがとうございます。
有難くいただきます。


私は結構忘れっぽいらしく、”何だこれ”といったプラケが見つかることがある。
今回もこれで、幼虫飼育部屋を見ていたらプラケが1個目に留まった。

何じゃろかい・・・

ラベルには・・・

DSCN2873[1].jpg
ネプチューンオオカブトになっている。
私は普通♂♀の3令幼虫を同居させて羽化時期を合わせるんだけど、今回は♂だけのようだ。

ただ・・・採卵が2011年10月27日、孵化が2011年12月26日になっている。
孵化から5年3か月弱・・・

★になっているか・・・
プラケ底面を見ると蛹室のような形が・・・
ホリホリしてみることに・・・

DSCN2866[1].jpg
蛹室に穴が開いたら元気そうに動くネプが・・・
引っ張り出してみよう。

DSCN2869[1].jpg

DSCN2870[1].jpg

DSCN2871[1].jpg
私は過去何頭も♂を羽化させてきたけど、これほど胸角・頭角が真っ直ぐに伸びた個体を見たことが無かった。
美しい、やった!

ただ・・・

DSCN2872[1].jpg
胸角・体長95mm  頭角・体長94mm  孵化から羽化まで5年3か月ほど

時間がかかった割にちっちぇ!
★になるほどマットは悪くなかったけど、大きくなるほど良いマットでは無かった。
何とも言えんなぁ、♂1頭だけやし・・・忍びないってやる?
nice!(0)  コメント(4) 

雑事 [日記]

         あけましておめでとうございます

長い間記事を書かなかったけど特別な理由があった訳じゃない。
特に何もなかったから・・・

節分・・・恵方巻
恵方巻は関西の一地方で始まったらしいけど、今や国民的行事になってしまった。
関西のスーパーが”商売になるで”と思ったらしいけど、社長表彰もんやね。

DSCN2852[1].jpg
本物の恵方巻の写真が無いやないかと思ったあなた・・・腹が減って撮影するまでに食べてしまったんである。

・・・まぁ、美味しそうやからね。

DSCN2855[1].jpg

恵方巻だけでは飽きるだろうと、他の寿司が欲しかったのだが・・・恵方巻しかない。
買えたのはこんな寿司・・・

恵方巻にとって付けたような寿司・・・マズイ・高い・・・碌なもんじゃねぇ!

特定外来クワガタ.jpg いよいよ特定外来生物で外産クワカブが輸入禁止になるかと思ったけど、マルバネ種に限定されるみたい。 テナガコガネにマルバネ・・・台湾オオ・グラン・クルビ・アンテ・ホペイ・etc・・・ 輸入業者も産業になってるし、ショップも外産クワカブを無くすと経営が成り立たんかな。 ・・・これからも野山に行くと、90mmほどのヒラタや綺麗なニジイロが採れたりするわけだ。 ・・・まぁ仕方ないのか・・・でもやっぱり駄目じゃないのか・・・ 個人的にはYGや〇〇血統のDNA検査をして欲しかったな・・・国産ギネスはどうなるのか・・・ 考えると笑える。 今日、NHKのBSで福島県檜枝岐村が出ていた。 ・・・懐かしい。 六地蔵が映っていた・・・役場を背に左に公衆便所・・・ あ~行きたい、行きたい。 6月~9月頃、出来たら7月中旬頃・・・でもなぁ・・・
nice!(1)  コメント(10) 

ライトトラップの機材とか採集やらヒペリオンSSPの割り出しとか・・・ [日記]

8月お盆明けから採集に行こうとすると、雨が降る。
・・・
仕方ない、機材を充実させるか・・・

ライトトラップだけど12V対応を考えるとHIDになる。
HID機材で12Vだと35Wか55W・70Wになる。
だけどちょっとでも明るいものを入手したい。

HIDだと普通に車のライトに使われている。
ところがHIDは人体に有害な紫外線を多量に出すらしい。
それでHID発光部には紫外線を出さないように、ガラスの覆いが被さっている・・・まぁ紫外線が出ないようになっているわけだ。

だけど虫は、紫外線の光に誘われるようで、虫を集めるには紫外線が有効なのだ。
それに紫外線強化型というHID商品が売られている。
・・・だったら、覆いのガラスを割っちゃえば良いんじゃない?

ヤフオクで見ると、HIDでも大光量の100Wのバルブやバラストが販売されている。
・・・替えたら、更に明るくなるんじゃ?

・・・やってみよう。

DSCN2787[1].jpg
HID100Wのバルブだ。色目は6000ケルビン。

DSCN2788[1].jpg
先っぽに小さな穴がある。

DSCN2789[1].jpg
ドライバーセットアイスピックのような尖ったものがある。

DSCN2790[1].jpg
穴に先端を突っ込み、木づちでコンコンとドライバーを叩く。

DSCN2791[1].jpg
すると割れるんだよね。

DSCN2792[1].jpg
中途半端に割れたガラスをニッパで更に割る。

DSCN2793[1].jpg
じゃ~ん、完成。

ライト機材をドライバーでばらす。
バラストを従来のものと交換し、バルブも交換。

DSCN2794[1].jpg
明るくなった・・・ ような・・・?

DSCN2796[1].jpg
HID100W×2=200W ・・・大分明るくなったと思う。
電源もエンジンを回しておけば、車のバッテリーで大丈夫だった。

DSCN2803[1].jpg
現在この3機種を使っている。

DSCN2804[1].jpg
サーチライト型だけど、三脚が不要なので一番使いやすい。
角度も車の中からリモコンで変えられる。

ただ・・・この製品、しっかりしていてばらせないんだな。
破損覚悟でやれば少しはばらせる。
55Wバルブを100Wに交換できるけど、バラストが交換できないんだな。
だから55Wバルブのままで、ガラスの覆いを取るだけ・・・パワー不足かも。

DSCN2805[1].jpg

DSCN2806[1].jpg
この2機種は100Wバルブ・バラストに変更できた。
まぁこの2機種が100Wだったら、問題無いかぁ。

だけど工作中に注意しないと、ガラス破片でケガをすることになるよ、私も足・目の横・腕にけがを・・・

良い点もある、自作だから販売されているものよりも大幅にコストダウンが可能だ。
悪い点は、耐久性がどこまであるかと言う点・・・これは使い続ければ答えが出てくるかと思うけど。

DSCN2797[1].jpg
ライトのテストで9月8日に出かけたけど、クワカブは全く居なかった。
・・・こいつだけ・・・

来年やね、この続きは・・・

すっきりせんので、割り出しすることに・・・

DSCN2798[1].jpg
ヒペリオンSSPのセットで6月7日にセットしている。

DSCN2801[1].jpg
産卵木3本中、1本を除けると・・・大きく育った3令幼虫が見つかった。

DSCN2802[1].jpg
マットを探っていると母♀の姿が・・・

このセットからは4頭の3令幼虫のみ。
ちらっと見たとこだと、3♂1♀のような・・・
・・・半分失敗セットで、胸糞悪いから確認しない・・・あ~あっ!
nice!(0)  コメント(2) 

もう一度ブリードしてみた [ヒペリオン]

6月4日にセットしたヒペリオンだけど今回はどうなのかな。

ヒペリオンのブリードは前回成功していたから、SSPのブリードをしたんだけど、何ていうかヒペリオンの♂が1頭だけでいるのが忍びなく・・・

SSPの♀と同じ時期にヒペリオンの♀も買うことに・・・
・・・SSPは幼虫が確認できていない、だけどヒペリオンは・・・

DSCN2772[1].jpg
大径の産卵木を2本使ったけど、これはその内の1本。
・・・どう見ても産んでるわな。

DSCN2773[1].jpg
もう1本の産卵木とセット。
こっちも産んでるわな、それにマットにも・・・

・・・どう見ても結構産んでるっぽい。

マットを見ると・・・

DSCN2774[1].jpg
居た!
・・・やっぱりね。

DSCN2775[1].jpg
母♀・・・ア~メン。

結局このセットからは・・・

DSCN2776[1].jpg
48初二令幼虫が見つかったけど、これ以外に3頭プチュしている。
産卵木が硬くて割り切れなかったからマットに埋めておいた。

数時間後、プラケ底面に2幼虫の姿が・・・
多分4~5頭は見つかるんじゃないかな。

DSCN2777[1].jpg
ちなみに親父は前回と同じだけど、まだ元気に生存している。
我が家の飼育環境が合うのかな。
nice!(0)  コメント(6) 

取り敢えず出撃準備はできたかな [日記]

クワガタ採集の出撃準備には色々あって、懐中電灯も中々立派な役目が与えられている。
まぁ街灯が暗い場合、肉眼だと”う~ん?、クワガタっぽいかな、う~ん?”とか口を開けてアホ面でクワガタを確認しないといけないんだけど、懐中電灯があれば直ぐに確認できる。

福島に行っていた頃は、単一乾電池6本を使った明るいハロゲンライトを使っていたけど、あまりに重い。

こっちに帰ってきたらLEDで軽量なライトが販売されていた。

P1000206.jpg
軽いとは言っても、単一乾電池4本使用タイプなので少し重い。
LED17燈で中々使い勝手は良かったが・・・

P1000202.jpg
数年愛用していたけど、17個のLEDの内半分程しか光らなくなった。
当然光量は落ちるわな。
それでも十分使用には耐えるんだけど、大きい割に暗いという・・・

前から知っていた懐中電灯を買おうかな・・・

P1000203.jpg
買っちゃいました。
・・・こういうときの動きは素早い・・・

前の懐中電灯は単一乾電池4本使用ということもあって大きかった。
今回のものは・・・

P1000204.jpg
充電池を使うタイプで小型・その割に光量は大きい。
・・・使い勝手良さそう。

P1000207.jpg
福島に行っていた頃は、数日泊りがけで行っていた。
だからコンビニで乾電池を簡単に買えたから乾電池式を使っていたけど、今は一晩しか採集しないし、インバーターを積んでいるから充電池式でも良いのである。

P1000205.jpg
大きさはこんなに違う。
・・・なんていうか、デジタルとアナログと言う感じがする。

P1000208.jpg
ライトトラップの機材も一応揃った。
あとは・・・

鉛のバッテリーじゃなくって、リチウムイオンバッテリーだな。
・・・欲しいけどな・・・
nice!(0)  コメント(0) 

2016年8月1日 [2016年度採集記]

この頃ブログの更新も無いから、虫に興味が無くなったんだなと思われていただろうけど、実際は・・・

私は事情があって泊り掛けや昼から採集に行けない。
それで夜間に出撃して、夜半に帰るという採集をしていたけど、これだと街灯下採集しかできない。
まぁ、これでも良いんだけど良い街灯が限られてくる。
・・・競合が多いんだな・・・限られた街灯だから多くの人が集まるわな。

今までは仕方がないことだなと思っていたけど、クワカブが空振りの日があると・・・

それでふっと思いついた。
ライトトラップをやってみようかな?

私は東北時代から今まで街灯下採集が専門で、ライトトラップは性に合わないとしてこなかった。
でも今は時間がない。

7月の初めから機材を検討し、徐々に買い揃えた。
今はまだテスト段階なんで、システムは完成していないけど、短時間であればライトトラップができるところまでこぎ着けた。

ノンビリやっているように思えるだろうけど、関西ではライトトラップにはクワガタは集まらないと言われているから、ライトトラップシステムを買い揃えるのは冒険だと思う。
・・・まぁお金が心配というのも大きいけど・・・

・・・関西ではライトトラップは効果ないのだろうか?
実験してみよう・・・

DSCN2744[1].jpg
ビーム発射!
頼むで~!

10分・・・20分・・・

飛んでくるのは・・・

DSCN2746[1].jpg
よく知らない虫・・・カミキリなんかな?

しばらくすると・・・
甲虫独特の光沢が・・・

DSCN2747[1].jpg
けっ!!!
紛らわしいで!

東北でも良く勘違いしたガムシ君・・・

それでもライトトラップ終了までに3匹のガムシが飛来した。
・・・ライトトラップの効果はあるのかな・・・

20:33にライトトラップ開始、21:00にその時は訪れた。

DSCN2748[1].jpg
ミヤマクワガタ♀飛来。
・・・なんか感動するなぁ・・・

ガは当然飛んでいるけど、ミヤマがなぁ・・・

その辺をウロウロしていたら・・・
ノコギリクワガタ♀も飛んできていた。

・・・感動するなぁ・・・でも、撮影忘れとるがな!

もう少し頑張れば♂も飛んでくるか、ひょっとすると某ドルクスなんて来たらどうしましょう!
・・・とかウホウホ思っていたら・・・ブラックアウト、バッテリー切れや。

発電機じゃ無くってバッテリーを使ったのは、東北・中部地方と違って関西だと人家が近すぎるからだ。
エンジン音だけで人が騒ぎ出しそうな・・・
だから関西(近畿)だとバッテリー方式しかないと思う。

ということは、35ワット~70ワットというところか・・・
光量が小さい・・・人家がなく、明かりのないエリアを探さないと・・・
・・・なかなか良い場所は見つけられない。

ミヤマ♀1頭、ノコ♀1頭・・・効果があるのか、微妙な数やねぇ。

帰りながら適当な街灯を見て回った。

DSCN2750[1].jpg
貧相だけどミヤマ♂。
・・・普通の街頭で、♂が飛んでくるか・・・

DSCN2751[1].jpg
ヒラタ♀・・・
・・・街灯下の方が良いかも・・・

DSCN2752[1].jpg
コクワ♀・・・

DSCN2754[1].jpg
ミヤマ♀・・・
だけどライトトラップ採集個体よりも小さい!

DSCN2755[1].jpg
カブチン♀・・・
・・・多彩やのぅ・・・

・・・う~ん、これだけで結論は出せんけど、街灯下採集もなかなか良さそう。

DSCN2757[1].jpg
HIDスポットサーチライト55Wだけど、何故か点灯せず。
本番でこれじゃ困るなぁ。

DSCN2759[1].jpg
今回使用したHIDスポットライト55W
200m程離れた場所に光が飛んでいるのはわかるけど、800mくらいは飛んでもらわんと・・・

紫外線強化型じゃ無くって、普通のHID6000ケルビンで飛来はある。
だけど100W欲しいと思う・・・
nice!(0)  コメント(6) 

アパートの住虫達 [日記]

菌床やマットで育った幼虫は、大きくなると蛹室を作って蛹化し羽化する。
勿論、幼虫自身に蛹室を作ってもらえればそれがベストなのだが、カラカラになって菌糸ビンに菌床が無くなったり、マットの状態が悪くなってPC容器の底で蛹化してしまうクワガタ虫も多い。

そうなると完品羽化は期待できない。
・・・
人工蛹室の出番だ。

DSCN2693[1].jpg
ノホイネンの家でも管理が悪くなって、気づくと劣悪な環境で前蛹~蛹になっているものが居る。
住虫にはヒペリオンやニジイロクワガタ・タイクルビが居る。
ペレメタやインペラも居たんだけど、♀だったからSビンにマットを詰めて人工蛹室を作った。
・・・勿論無事に羽化したよ。

DSCN2694[1].jpg
1Fの住虫達・・・
ヒペリオン♂とタイクルビ♀が無事に羽化している。

DSCN2695[1].jpg
2Fの住虫は2頭だけで少ない・・・
2Fという数字は何か縁起が悪いのかもしれん。

DSCN2696[1].jpg
3Fの住虫の中には、羽化中のものや羽化直後のものが居る。
タイクルビ♂なんだけどね。

DSCN2697[1].jpg
4Fでは暫く前に羽化したタイクルビ♂が居る。
・・・だけどエサ不足だから大きさは期待できないなぁ。

・・・?
1部屋住虫が夜逃げしてるがな!
・・・!!
犯虫はタイクルビ♀だけど、逃げたのではなく卒業したのかもしれん!

だとするとコイツは前田敦子なのか大島優子か篠田麻里子なのか・・・個人的には篠田麻里子が・・・

DSCN2699[1].jpg
篠田麻里子・・・全然違うのぅ・・・
・・・まぁ、どうでも良いか・・・

タイクルビ ♀42mm 2016年6月羽化 F2 タイ ドイ・サケット産

自作の蛹室だけど皆完品羽化している。
・・・満足やな。
nice!(1)  コメント(0) 

2016年6月28日 [2016年度採集記]

採集に行きたい!
この気持ちが爆発した。

前日に行きたかったが、直前に降雨・・・
仕方なく諦めたが・・・

翌28日の天気予報は、午前中雨・午後から曇り~翌日の午前3時頃まで。
・・・行こう!

晩御飯を食べてから出発。
・・・心が躍る・・・

やっぱり採集が好きなんだなぁ。


毎度訪れる某所・・・
結構ミヤマが飛んでくるんだけど・・・

何もいない。
次の場所に行こうとしたら・・・

DSCN2675[1].jpg
こいつが現れた。
何時来たんだ?と思ったけど、ブィ~ンと羽音がしていたなぁ。

コクワ♀・・・本日の第一獲物。

次の場所に行こう。

街灯を見て行くけど、何も居らんね。
・・・最後の街灯下・・・

DSCN2676[1].jpg
何か木切れが落ちているんかなと思ったけど・・・

ミヤマクワガタ ♂ 体長64mm
この地域だとマズマズのサイズやね。

ミヤマ♂は持ち帰り決定だけど、♀が見つからない。
結局この場所で見つけたのは、ミヤマ♂のみ。
・・・この地域じゃまだ本格シーズンじゃないのかな。

暫く走って次の場所へ・・・

17度、少し寒いかな・・・

探すけど何も居ない。

次の場所へ・・・

何も居ない!
仕方ない! Uターンや!

前に探した場所をもう一度探す。

DSCN2677[1].jpg
ちっちゃいノコ♀発見。
別の場所に行っている間に飛んできたか。
でも赤みが強くて綺麗な個体だ。

ミヤマ♂を見つけた場所も何も居なかった。

コクワ♀を見つけた場所・・・探しても何も居ない。
お茶を飲んで休憩・・・すると・・・

DSCN2678[1].jpg
ミヤマクワガタ♀ 体長40mm

クモの糸やホコリだらけ、」大分前から居た個体みたい。
・・・前日とか・・・

DSCN2679[1].jpg
ミヤマクワガタ♀ 体長36mm

ミヤマがペアになったとウホウホ喜んでいたら・・・
これまたホコリだらけの♀が・・・こいつも大分前に飛んで来たんだろう。

狙いのミヤマが1♂2♀、同一町内だから産地は問題無し・・・目的は達したかな。

ついでに寄った街灯下で・・・

DSCN2680[1].jpg
コクワ♀・・・

最後はコクワ♀、・・・私らしいかも・・・(^^)
nice!(1)  コメント(0) 

割り出しました [ヘラクレス・ヘラクレス]

5月以来に記事になる。
ヘラヘラだ。

まぁ5月の記事の後半に載ってたヤツね。

DSCN2653[1].jpg
って、紙を除けられない・・・

DSCN2654[1].jpg
いつもの幾何学模様・・・って違うんだな、これが・・・
コバエですよ、コバエ!

DSCN2655[1].jpg
★になった♀親を撮ったんだけど、膨大な数のコバエが・・・

・・・そりゃまぁ、割り出したくないわな。

DSCN2656[1].jpg
でもまぁ頑張るしかないか・・・
プラケをひっくり返すと沢山の幼虫が・・・

DSCN2657[1].jpg

DSCN2659[1].jpg
割り出していると幼虫が続々と見つかるけど、卵も3個見つかった。

DSCN2660[1].jpg
カステラのようなマットを崩したら、こんな感じに・・・
・・・コバエさえ居なかったらなぁ・・・

DSCN2661[1].jpg
結局19初二令幼虫と3卵が見つかった。
一度も割り出ししなかったから、こんなもんかな。
だけどヘラヘラだったら50幼虫は欲しいわな。
nice!(1)  コメント(6) 
前の10件 | -