So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ほったらかしやけど羽化してた [タランドゥスホソアカ]

昨年の6月4日に産卵セットされて、忘れられたのか放置されていた産卵セット。
数か月前にプラケ底面に蛹室らしき痕があり、幼虫の生存はわかっていた。
・・・だけど素直に割り出せないなぁ・・・

タランドゥスホソアカは、この手のキクロには珍しく、派手な色目は出ない。
色合いはアラガールホソアカに似てると言える。

この虫は、初入荷の頃1ペア¥8.5万両ほどしたはずだが、随分安くなったもんだ。
オマケに当時発見者が産地偽装を行い、何やら価格が暴落した覚えがある。
生き虫屋からは大した問題じゃなくても、標本好きからすると産地偽装は致命的。
・・・まぁ人間お金がチラつくとなぁ・・・

放置されて10カ月経過しているし、幼虫も羽化してるかもしれんから、割り出してみることに。

DSCN2965[1].jpg
産卵木だけどモロモロで半分マットになったような材には虫が居ない。
そりゃそうだわな、蛹室を作ることを考えりゃしっかりした材に蛹室を作らないと壊れてしまうわな。
材に蛹室を作っているものは、堅い材に作られており、柔らかい材に作ったものは居なかった。

DSCN2964[1].jpg
マットは極普通のマット。
ただ1年近く放置した割に乾燥しておらず、湿り気は多かった。
・・・密封性の高いコバエシャッター中を使ったのが幸いしたんだろう。

DSCN2959[1].jpg

DSCN2963[1].jpg
この♂1頭のみが、マットに蛹室を作っていた。
羽が少し柔らかいようだから、羽化して間が経っていないのだろう。

DSCN2960[1].jpg
もう1頭の♂だけど、こちらは羽化から少し経過しているようで、脚がしっかりしている。
中々綺麗な個体だけど、色目が無いから人気も・・・

DSCN2961[1].jpg

DSCN2962[1].jpg
キクロの♀としては極普通。
色目が無いけどこれも極普通。
まぁ♀は産んでくれれば・・・国会でこんなことを言うと大問題になるけど・・・

放置はイカンね、まともに割り出して居れば幼虫も沢山取れたろうに・・・
それでも2ペア取れたのはラッキーだった。
・・・今オクで出品されているけど、買わなくて良かった。
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:ペット

交尾済みなのかどうか? [ハンシオオクワ]

ブリードが難しい種がある。
・・・もしくは苦手な種がいる。

以前はヒペリオンだった。
大昔に日本に入荷したときには全く問題無くブリードできていた。
まぁ♀が挟み殺される事件があったけれど、1♂2~3♀で問題無く産卵出来ていた。

特に問題も無く累代が出来たので飼育を止めたけど、飼育を再開したら全くブリード出来なくなっていた。
殺された♀も10頭以上・・・

昔と同一産地でも実際には違っていたのか・・・?
標高が違っていたのか・・・?

どうあがいてもダメだったけど、私は諦めん人だから♀が殺されても飼育し続けていた。
・・・相当鈍い人なのかもしれん・・・

ヤフオクでペアを落札したときに、出品者が雑誌で有名な方だったから、教えを乞うた・・・
・・・単純だけど盲点のような答えを教えてくれた・・・やっぱりすごいのぅ・・・

ブリードはあっさり成功した。

・・・もうあと1種・・・

ハンシオオクワこれが残った。
ドルクスハンシとかハンスヒラタとか言われているヤツである。
・・・ヒペリオンの近似種と言われている。

この種も入荷したときにはブリードが非常に簡単な種で、事故も皆無。
簡単な種だった。
ところがオクで他の血を入れながら累代すると突然♀の事故が多発した。

ヒペリオンと全く同じだけど、殺された♀は10頭以上・・・
・・・なんでなんや・・・
このころに千葉の方からヒペリオンペアを買った・・・
近似種と言われてるんだったら、ヒペリオンと同じ方法ならブリードできるかも・・・

同居させて1か月以上・・・事故は起こらない。
千葉の方はやっぱりすごいのぅ・・・

中々交尾の確認は出来なかったけど、ある日♂の交尾期が飛び出ているのを見つけた。
・・・後尾済みかも知れん・・・数日後♀がプラケ側面に立ち上がって”出しちくり”という行動を見つけた・・・

DSCN2948[1].jpg
同居中の♂、♀はマットに潜っている。

DSCN2949[1].jpg

DSCN2950[1].jpg
ハンシオオクワ 中国 広西壮族自治区 大瑶山産 2014年12月羽化 ♂体長51mm
ヒペリオンよりも少し小さいけど雰囲気は似ている・・・内歯の形は違うけど。

DSCN2951[1].jpg

DSCN2952[1].jpg
ハンシオオクワ 中国広西壮族自治区 大瑶山産 2015年11月羽化 F4♀32mm
♀の形はヒペリオンと似すぎていて、私では判別できない。

メイトガードも交尾も確認できていないけど、明日にでも産卵セットに移そう。

・・・これだけブリードに苦労している種なんで、幼虫が取れたら単純に大喜びするだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

何度目かのチャレンジ [コーカサスオオカブト]

タイトルを見て”おんや?”と思った人もいるだろうが、過去何度か幼虫は取れているのである。
しかし幼虫が取れると、急激に興味を失い飼育放棄になり、結果羽化まで行ったコーカサスは居ないのである。

・・・情けないやないか!

私は昔から巨大種が好きで、大きなものを飼育していたけど、現在コーカサスオオカブトは幼虫も成虫も飼育していない。

私は昔から懲りん男で、納得するまで何度でも飼育するのである、今回もこれだ。



今回もアリストが適当な成虫ペアと♀単品が出品されている。
カブトの場合、爆産する場合があるから♀は1頭で良いんだけど、WDだと偶にセット後1週間もしない内に★になる場合がある・・・予備の♀は必要やな!

・・・という訳で、WDコーカサスオオカブトを1♂2♀で入手した。

DSCN2913[1].jpg

DSCN2914[1].jpg

DSCN2917[1].jpg
コーカサスオオカブト ジャワ島アルゴプーロ産 WD ♂105mm

コーカサスは南米産のオオカブトと異なり4本角で恰好良いと思うし、白亜紀に住んでいたトリケラトプスっぽくて好きなんである。
それに南米産のカブトは大人しいけど、コーカサスは気が荒い。
ヒラタっぽい性格なのかな、ツンツンすると一番面白い。

DSCN2915[1].jpg

DSCN2916[1].jpg
♀はWDの場合、比較的小型のものが多い。
この♀も50mm程度かな?

画像の♀以外にもう1頭♀が居るけど、マットに潜って出てこない。
ペアリング中の♀はB品なので、先にセットしようという訳だ。

2♀で最低50頭は欲しいけど、どうなるかな・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

エサ替え [サタン]

ここんとこ私は、幼虫のエサ替えもしないで放置のような管理をしていた。
フンカスの上の幼虫が居るという感じ・・・

これではイカンとエサ替えすることに。

DSCN2894[1].jpg
2016年1月28日孵化の幼虫だが、体重33gだと♀じゃないかと腹を見たら♂班が無い。
・・・♀やね。

DSCN2896[1].jpg
52g・・・♂やね多分。
腹を見ると♂班がある。

だけどサタンだと飼育温度が高過ぎたみたい。
25度・・・
生存は4頭、★は6頭・・・情けない。

気分を変えよう。
実は割り出していないセットが1つある。

セット日が分からない。
記載されていないのだ。
♀の羽化が2016年3月9日・・・セット日は2016年10月頃かな。

DSCN2902[1].jpg
カブトの普通のセットだ。

DSCN2903[1].jpg
マット上の転倒防止用のエサ皿を除けると、★になった♀が・・・
だけどプラケ底面に幼虫の姿を多数確認していたから、気楽なんだよね。

DSCN2905[1].jpg
プラケをぶちまけると幼虫が・・・
2令から3令初期といったところ。

クワガタ虫でセット後ここまで放置すると幼虫の数が激減するけど、カブトの場合あまり減らないことが多い。
・・・クワガタは攻撃的、カブトは平和主義なのかも。

DSCN2906[1].jpg
しかし1幼虫の外皮が・・・共食いはしないはずやが・・・

DSCN2907[1].jpg
結局16頭の幼虫が取れた。
放置状態だとこんなものかも・・・次はしっかり管理しないとね。

・・・と言う訳で早速カブトマットとクワガタ用添加発酵マットを発注した。
これからはもう、ひもじい思いはさせられないよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

羽化してきたね [マグダレインコクワガタ]

2015年11月4日割り出しの幼虫が羽化してきている。

マグダレインコクワガタ・・・コクワと言う名前がついているけど、アゴの形で分かる通りアカアシクワガタの1種だ。
感覚的に言うとコクワよりも少し上品な感じがする、私だけかもしれんけど。

DSCN2877[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2017年1月羽化 体長40mm
WDペアを東京浅草の業者から買ったのだが、中々多産だったような。

DSCN2878[1].jpg

DSCN2879[1].jpg
埋め込みにも使える微添加の発酵マットを800CCボトルに詰めて、エサ替えは無し。
掘り出し時、マットは良く乾燥していた。
・・・そりゃまぁこんな飼育だと大きくならんか。

DSCN2881[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2016年秋口羽化(気づいたら羽化していた)
体長29mm
この個体は少し羽パカで羽にある凹みが残念。
だけど25度の部屋で育てられたから、仕方ないか。

DSCN2882[1].jpg

DSCN2883[1].jpg
・・・しかしダニが多いな、それに小さいし。

・・・でも羽が橙色をしていて特徴が良くわかるし、中々良い個体なのかも。
もっと大きければ、より特徴が分かるけど。
・・・まぁF2で大物を作れば良いじゃない。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

長命なんかなぁ [ネプチューンオオカブト]

四国の方から魚が送られてきた。

DSCN2856[1].jpg
お返しが全く出来ていないから心苦しいなぁ。

DSCN2858[1].jpg

DSCN2859[1].jpg
サバが一杯!
それに肉付きも良い!

それじゃ早速捌こうか。

DSCN2860[1].jpg

DSCN2864[1].jpg
骨が柔らかいから捌きやすい。
ただ骨抜きが見当たらないから、小骨が取れない。
・・・仕方ない、これでお裁きは終了だ。

DSCN2865[1].jpg
綺麗に捌けたと思うけど、毎度のように半分は姉に持って行かれた。(^^)/

四国の方、毎度ながらありがとうございます。
有難くいただきます。


私は結構忘れっぽいらしく、”何だこれ”といったプラケが見つかることがある。
今回もこれで、幼虫飼育部屋を見ていたらプラケが1個目に留まった。

何じゃろかい・・・

ラベルには・・・

DSCN2873[1].jpg
ネプチューンオオカブトになっている。
私は普通♂♀の3令幼虫を同居させて羽化時期を合わせるんだけど、今回は♂だけのようだ。

ただ・・・採卵が2011年10月27日、孵化が2011年12月26日になっている。
孵化から5年3か月弱・・・

★になっているか・・・
プラケ底面を見ると蛹室のような形が・・・
ホリホリしてみることに・・・

DSCN2866[1].jpg
蛹室に穴が開いたら元気そうに動くネプが・・・
引っ張り出してみよう。

DSCN2869[1].jpg

DSCN2870[1].jpg

DSCN2871[1].jpg
私は過去何頭も♂を羽化させてきたけど、これほど胸角・頭角が真っ直ぐに伸びた個体を見たことが無かった。
美しい、やった!

ただ・・・

DSCN2872[1].jpg
胸角・体長95mm  頭角・体長94mm  孵化から羽化まで5年3か月ほど

時間がかかった割にちっちぇ!
★になるほどマットは悪くなかったけど、大きくなるほど良いマットでは無かった。
何とも言えんなぁ、♂1頭だけやし・・・忍びないってやる?
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

雑事 [日記]

         あけましておめでとうございます

長い間記事を書かなかったけど特別な理由があった訳じゃない。
特に何もなかったから・・・

節分・・・恵方巻
恵方巻は関西の一地方で始まったらしいけど、今や国民的行事になってしまった。
関西のスーパーが”商売になるで”と思ったらしいけど、社長表彰もんやね。

DSCN2852[1].jpg
本物の恵方巻の写真が無いやないかと思ったあなた・・・腹が減って撮影するまでに食べてしまったんである。

・・・まぁ、美味しそうやからね。

DSCN2855[1].jpg

恵方巻だけでは飽きるだろうと、他の寿司が欲しかったのだが・・・恵方巻しかない。
買えたのはこんな寿司・・・

恵方巻にとって付けたような寿司・・・マズイ・高い・・・碌なもんじゃねぇ!

特定外来クワガタ.jpg いよいよ特定外来生物で外産クワカブが輸入禁止になるかと思ったけど、マルバネ種に限定されるみたい。 テナガコガネにマルバネ・・・台湾オオ・グラン・クルビ・アンテ・ホペイ・etc・・・ 輸入業者も産業になってるし、ショップも外産クワカブを無くすと経営が成り立たんかな。 ・・・これからも野山に行くと、90mmほどのヒラタや綺麗なニジイロが採れたりするわけだ。 ・・・まぁ仕方ないのか・・・でもやっぱり駄目じゃないのか・・・ 個人的にはYGや〇〇血統のDNA検査をして欲しかったな・・・国産ギネスはどうなるのか・・・ 考えると笑える。 今日、NHKのBSで福島県檜枝岐村が出ていた。 ・・・懐かしい。 六地蔵が映っていた・・・役場を背に左に公衆便所・・・ あ~行きたい、行きたい。 6月~9月頃、出来たら7月中旬頃・・・でもなぁ・・・
nice!(1)  コメント(10) 
共通テーマ:ペット

ライトトラップの機材とか採集やらヒペリオンSSPの割り出しとか・・・ [日記]

8月お盆明けから採集に行こうとすると、雨が降る。
・・・
仕方ない、機材を充実させるか・・・

ライトトラップだけど12V対応を考えるとHIDになる。
HID機材で12Vだと35Wか55W・70Wになる。
だけどちょっとでも明るいものを入手したい。

HIDだと普通に車のライトに使われている。
ところがHIDは人体に有害な紫外線を多量に出すらしい。
それでHID発光部には紫外線を出さないように、ガラスの覆いが被さっている・・・まぁ紫外線が出ないようになっているわけだ。

だけど虫は、紫外線の光に誘われるようで、虫を集めるには紫外線が有効なのだ。
それに紫外線強化型というHID商品が売られている。
・・・だったら、覆いのガラスを割っちゃえば良いんじゃない?

ヤフオクで見ると、HIDでも大光量の100Wのバルブやバラストが販売されている。
・・・替えたら、更に明るくなるんじゃ?

・・・やってみよう。

DSCN2787[1].jpg
HID100Wのバルブだ。色目は6000ケルビン。

DSCN2788[1].jpg
先っぽに小さな穴がある。

DSCN2789[1].jpg
ドライバーセットアイスピックのような尖ったものがある。

DSCN2790[1].jpg
穴に先端を突っ込み、木づちでコンコンとドライバーを叩く。

DSCN2791[1].jpg
すると割れるんだよね。

DSCN2792[1].jpg
中途半端に割れたガラスをニッパで更に割る。

DSCN2793[1].jpg
じゃ~ん、完成。

ライト機材をドライバーでばらす。
バラストを従来のものと交換し、バルブも交換。

DSCN2794[1].jpg
明るくなった・・・ ような・・・?

DSCN2796[1].jpg
HID100W×2=200W ・・・大分明るくなったと思う。
電源もエンジンを回しておけば、車のバッテリーで大丈夫だった。

DSCN2803[1].jpg
現在この3機種を使っている。

DSCN2804[1].jpg
サーチライト型だけど、三脚が不要なので一番使いやすい。
角度も車の中からリモコンで変えられる。

ただ・・・この製品、しっかりしていてばらせないんだな。
破損覚悟でやれば少しはばらせる。
55Wバルブを100Wに交換できるけど、バラストが交換できないんだな。
だから55Wバルブのままで、ガラスの覆いを取るだけ・・・パワー不足かも。

DSCN2805[1].jpg

DSCN2806[1].jpg
この2機種は100Wバルブ・バラストに変更できた。
まぁこの2機種が100Wだったら、問題無いかぁ。

だけど工作中に注意しないと、ガラス破片でケガをすることになるよ、私も足・目の横・腕にけがを・・・

良い点もある、自作だから販売されているものよりも大幅にコストダウンが可能だ。
悪い点は、耐久性がどこまであるかと言う点・・・これは使い続ければ答えが出てくるかと思うけど。

DSCN2797[1].jpg
ライトのテストで9月8日に出かけたけど、クワカブは全く居なかった。
・・・こいつだけ・・・

来年やね、この続きは・・・

すっきりせんので、割り出しすることに・・・

DSCN2798[1].jpg
ヒペリオンSSPのセットで6月7日にセットしている。

DSCN2801[1].jpg
産卵木3本中、1本を除けると・・・大きく育った3令幼虫が見つかった。

DSCN2802[1].jpg
マットを探っていると母♀の姿が・・・

このセットからは4頭の3令幼虫のみ。
ちらっと見たとこだと、3♂1♀のような・・・
・・・半分失敗セットで、胸糞悪いから確認しない・・・あ~あっ!
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

もう一度ブリードしてみた [ヒペリオン]

6月4日にセットしたヒペリオンだけど今回はどうなのかな。

ヒペリオンのブリードは前回成功していたから、SSPのブリードをしたんだけど、何ていうかヒペリオンの♂が1頭だけでいるのが忍びなく・・・

SSPの♀と同じ時期にヒペリオンの♀も買うことに・・・
・・・SSPは幼虫が確認できていない、だけどヒペリオンは・・・

DSCN2772[1].jpg
大径の産卵木を2本使ったけど、これはその内の1本。
・・・どう見ても産んでるわな。

DSCN2773[1].jpg
もう1本の産卵木とセット。
こっちも産んでるわな、それにマットにも・・・

・・・どう見ても結構産んでるっぽい。

マットを見ると・・・

DSCN2774[1].jpg
居た!
・・・やっぱりね。

DSCN2775[1].jpg
母♀・・・ア~メン。

結局このセットからは・・・

DSCN2776[1].jpg
48初二令幼虫が見つかったけど、これ以外に3頭プチュしている。
産卵木が硬くて割り切れなかったからマットに埋めておいた。

数時間後、プラケ底面に2幼虫の姿が・・・
多分4~5頭は見つかるんじゃないかな。

DSCN2777[1].jpg
ちなみに親父は前回と同じだけど、まだ元気に生存している。
我が家の飼育環境が合うのかな。
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

取り敢えず出撃準備はできたかな [日記]

クワガタ採集の出撃準備には色々あって、懐中電灯も中々立派な役目が与えられている。
まぁ街灯が暗い場合、肉眼だと”う~ん?、クワガタっぽいかな、う~ん?”とか口を開けてアホ面でクワガタを確認しないといけないんだけど、懐中電灯があれば直ぐに確認できる。

福島に行っていた頃は、単一乾電池6本を使った明るいハロゲンライトを使っていたけど、あまりに重い。

こっちに帰ってきたらLEDで軽量なライトが販売されていた。

P1000206.jpg
軽いとは言っても、単一乾電池4本使用タイプなので少し重い。
LED17燈で中々使い勝手は良かったが・・・

P1000202.jpg
数年愛用していたけど、17個のLEDの内半分程しか光らなくなった。
当然光量は落ちるわな。
それでも十分使用には耐えるんだけど、大きい割に暗いという・・・

前から知っていた懐中電灯を買おうかな・・・

P1000203.jpg
買っちゃいました。
・・・こういうときの動きは素早い・・・

前の懐中電灯は単一乾電池4本使用ということもあって大きかった。
今回のものは・・・

P1000204.jpg
充電池を使うタイプで小型・その割に光量は大きい。
・・・使い勝手良さそう。

P1000207.jpg
福島に行っていた頃は、数日泊りがけで行っていた。
だからコンビニで乾電池を簡単に買えたから乾電池式を使っていたけど、今は一晩しか採集しないし、インバーターを積んでいるから充電池式でも良いのである。

P1000205.jpg
大きさはこんなに違う。
・・・なんていうか、デジタルとアナログと言う感じがする。

P1000208.jpg
ライトトラップの機材も一応揃った。
あとは・・・

鉛のバッテリーじゃなくって、リチウムイオンバッテリーだな。
・・・欲しいけどな・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | -