So-net無料ブログ作成

割り出してみたら2 [ハンシオオクワ]

ドルクスハンシ・・・昔はハンシオオクワという言い方もあった。
今じゃ、ハンシヒラタだからなぁ・・・案外いい加減なんかもしれん。

私はハンシが日本に入荷した頃から飼育しているけど、途中で種が変わったのかと思えるほど違和感を覚えた。
昔は♀殺しは皆無であった。
ところが最近では♀殺しバンバンである。
何頭♀が居ても足りない。

・・・ヒペリオンと同じだと気付いた。
・・・
分からんやないけ! ブリード方法が・・・

しかしオクでは普通に販売されている。
わしのとこだけ事故が多発しているのか!

昔と今では採れる標高が違うのか?
・・・2年ほど苦しんだ。

しかし私は諦めん人なのである。
オクでポチッとな! とやってヒペリペアを購入したときに、教えを乞うた。
・・・当たり前だが、灯台元暗しという答えをもらった。

早速ヒペリで実験・・・交尾時に事故は起こらず、幼虫は多数取れた。
・・・ハンシでも同じやろう・・・交尾は確認出来なかったが、同居1か月でも事故は起こらなかった。

セット後2か月・・・プラケ底面に1幼虫見えるようだ!
割り出すことに・・・

DSCN3120[1].jpg
セット全景、こんな感じでセットしていた。

DSCN3122[1].jpg
良く見ると♀が★に・・・

DSCN3125[1].jpg
マットから多数の幼虫が得られた。
・・・ヒラタと言うからな。

DSCN3126[1].jpg

DSCN3129[1].jpg
材からも多数の幼虫が得られた。
オオクワと言うからな・・・ヒラタでも材から結構取れるってか!・・・言葉って便利!

DSCN3130[1].jpg
材の割りカスだけど、老眼だから見落としがあるかもしれん。

DSCN3131[1].jpg
結局このセットからは、16初二令幼虫+2卵が得られた。
・・・中途半端に少ないなぁ・・・30頭ほど欲しかったのだが・・・

DSCN3133[1].jpg

DSCN3134[1].jpg
父♂は2014年の羽化で、案外長命なのかもしれん。
久しぶりに交尾出来たわけだし、この辺パンダと似ているかも。
エッ! 比べんなって!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。