So-net無料ブログ作成

エサ替え [サタン]

ここんとこ私は、幼虫のエサ替えもしないで放置のような管理をしていた。
フンカスの上の幼虫が居るという感じ・・・

これではイカンとエサ替えすることに。

DSCN2894[1].jpg
2016年1月28日孵化の幼虫だが、体重33gだと♀じゃないかと腹を見たら♂班が無い。
・・・♀やね。

DSCN2896[1].jpg
52g・・・♂やね多分。
腹を見ると♂班がある。

だけどサタンだと飼育温度が高過ぎたみたい。
25度・・・
生存は4頭、★は6頭・・・情けない。

気分を変えよう。
実は割り出していないセットが1つある。

セット日が分からない。
記載されていないのだ。
♀の羽化が2016年3月9日・・・セット日は2016年10月頃かな。

DSCN2902[1].jpg
カブトの普通のセットだ。

DSCN2903[1].jpg
マット上の転倒防止用のエサ皿を除けると、★になった♀が・・・
だけどプラケ底面に幼虫の姿を多数確認していたから、気楽なんだよね。

DSCN2905[1].jpg
プラケをぶちまけると幼虫が・・・
2令から3令初期といったところ。

クワガタ虫でセット後ここまで放置すると幼虫の数が激減するけど、カブトの場合あまり減らないことが多い。
・・・クワガタは攻撃的、カブトは平和主義なのかも。

DSCN2906[1].jpg
しかし1幼虫の外皮が・・・共食いはしないはずやが・・・

DSCN2907[1].jpg
結局16頭の幼虫が取れた。
放置状態だとこんなものかも・・・次はしっかり管理しないとね。

・・・と言う訳で早速カブトマットとクワガタ用添加発酵マットを発注した。
これからはもう、ひもじい思いはさせられないよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

羽化してきたね [マグダレインコクワガタ]

2015年11月4日割り出しの幼虫が羽化してきている。

マグダレインコクワガタ・・・コクワと言う名前がついているけど、アゴの形で分かる通りアカアシクワガタの1種だ。
感覚的に言うとコクワよりも少し上品な感じがする、私だけかもしれんけど。

DSCN2877[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2017年1月羽化 体長40mm
WDペアを東京・浅草の業者から買ったのだが、中々多産だったような。

DSCN2878[1].jpg

DSCN2879[1].jpg
埋め込みにも使える微添加の発酵マットを800CCボトルに詰めて、エサ替えは無し。
掘り出し時、マットは良く乾燥していた。
・・・そりゃまぁこんな飼育だと大きくならんか。

DSCN2881[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2016年秋口羽化(気づいたら羽化していた)
体長29mm
この個体は少し羽パカで羽にある凹みが残念。
だけど25度の部屋で育てられたから、仕方ないか。

DSCN2882[1].jpg

DSCN2883[1].jpg
・・・しかしダニが多いな、それに小さいし。

・・・でも羽が橙色をしていて特徴が良くわかるし、中々良い個体なのかも。
もっと大きければ、より特徴が分かるけど。
・・・まぁF2で大物を作れば良いじゃない。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

長命なんかなぁ [ネプチューンオオカブト]

四国の方から魚が送られてきた。

DSCN2856[1].jpg
お返しが全く出来ていないから心苦しいなぁ。

DSCN2858[1].jpg

DSCN2859[1].jpg
サバが一杯!
それに肉付きも良い!

それじゃ早速捌こうか。

DSCN2860[1].jpg

DSCN2864[1].jpg
骨が柔らかいから捌きやすい。
ただ骨抜きが見当たらないから、小骨が取れない。
・・・仕方ない、これでお裁きは終了だ。

DSCN2865[1].jpg
綺麗に捌けたと思うけど、毎度のように半分は姉に持って行かれた。(^^)/

四国の方、毎度ながらありがとうございます。
有難くいただきます。


私は結構忘れっぽいらしく、”何だこれ”といったプラケが見つかることがある。
今回もこれで、幼虫飼育部屋を見ていたらプラケが1個目に留まった。

何じゃろかい・・・

ラベルには・・・

DSCN2873[1].jpg
ネプチューンオオカブトになっている。
私は普通♂♀の3令幼虫を同居させて羽化時期を合わせるんだけど、今回は♂だけのようだ。

ただ・・・採卵が2011年10月27日、孵化が2011年12月26日になっている。
孵化から5年3か月弱・・・

★になっているか・・・
プラケ底面を見ると蛹室のような形が・・・
ホリホリしてみることに・・・

DSCN2866[1].jpg
蛹室に穴が開いたら元気そうに動くネプが・・・
引っ張り出してみよう。

DSCN2869[1].jpg

DSCN2870[1].jpg

DSCN2871[1].jpg
私は過去何頭も♂を羽化させてきたけど、これほど胸角・頭角が真っ直ぐに伸びた個体を見たことが無かった。
美しい、やった!

ただ・・・

DSCN2872[1].jpg
胸角・体長95mm  頭角・体長94mm  孵化から羽化まで5年3か月ほど

時間がかかった割にちっちぇ!
★になるほどマットは悪くなかったけど、大きくなるほど良いマットでは無かった。
何とも言えんなぁ、♂1頭だけやし・・・忍びないってやる?
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。