So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年02月| 2017年03月 |- ブログトップ

羽化してきたね [マグダレインコクワガタ]

2015年11月4日割り出しの幼虫が羽化してきている。

マグダレインコクワガタ・・・コクワと言う名前がついているけど、アゴの形で分かる通りアカアシクワガタの1種だ。
感覚的に言うとコクワよりも少し上品な感じがする、私だけかもしれんけど。

DSCN2877[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2017年1月羽化 体長40mm
WDペアを東京浅草の業者から買ったのだが、中々多産だったような。

DSCN2878[1].jpg

DSCN2879[1].jpg
埋め込みにも使える微添加の発酵マットを800CCボトルに詰めて、エサ替えは無し。
掘り出し時、マットは良く乾燥していた。
・・・そりゃまぁこんな飼育だと大きくならんか。

DSCN2881[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2016年秋口羽化(気づいたら羽化していた)
体長29mm
この個体は少し羽パカで羽にある凹みが残念。
だけど25度の部屋で育てられたから、仕方ないか。

DSCN2882[1].jpg

DSCN2883[1].jpg
・・・しかしダニが多いな、それに小さいし。

・・・でも羽が橙色をしていて特徴が良くわかるし、中々良い個体なのかも。
もっと大きければ、より特徴が分かるけど。
・・・まぁF2で大物を作れば良いじゃない。
nice!(0)  コメント(2) 

長命なんかなぁ [ネプチューンオオカブト]

四国の方から魚が送られてきた。

DSCN2856[1].jpg
お返しが全く出来ていないから心苦しいなぁ。

DSCN2858[1].jpg

DSCN2859[1].jpg
サバが一杯!
それに肉付きも良い!

それじゃ早速捌こうか。

DSCN2860[1].jpg

DSCN2864[1].jpg
骨が柔らかいから捌きやすい。
ただ骨抜きが見当たらないから、小骨が取れない。
・・・仕方ない、これでお裁きは終了だ。

DSCN2865[1].jpg
綺麗に捌けたと思うけど、毎度のように半分は姉に持って行かれた。(^^)/

四国の方、毎度ながらありがとうございます。
有難くいただきます。


私は結構忘れっぽいらしく、”何だこれ”といったプラケが見つかることがある。
今回もこれで、幼虫飼育部屋を見ていたらプラケが1個目に留まった。

何じゃろかい・・・

ラベルには・・・

DSCN2873[1].jpg
ネプチューンオオカブトになっている。
私は普通♂♀の3令幼虫を同居させて羽化時期を合わせるんだけど、今回は♂だけのようだ。

ただ・・・採卵が2011年10月27日、孵化が2011年12月26日になっている。
孵化から5年3か月弱・・・

★になっているか・・・
プラケ底面を見ると蛹室のような形が・・・
ホリホリしてみることに・・・

DSCN2866[1].jpg
蛹室に穴が開いたら元気そうに動くネプが・・・
引っ張り出してみよう。

DSCN2869[1].jpg

DSCN2870[1].jpg

DSCN2871[1].jpg
私は過去何頭も♂を羽化させてきたけど、これほど胸角・頭角が真っ直ぐに伸びた個体を見たことが無かった。
美しい、やった!

ただ・・・

DSCN2872[1].jpg
胸角・体長95mm  頭角・体長94mm  孵化から羽化まで5年3か月ほど

時間がかかった割にちっちぇ!
★になるほどマットは悪くなかったけど、大きくなるほど良いマットでは無かった。
何とも言えんなぁ、♂1頭だけやし・・・忍びないってやる?
nice!(0)  コメント(4) 

2017年02月|2017年03月 |- ブログトップ