So-net無料ブログ作成

ほったらかしやけど羽化してた [タランドゥスホソアカ]

昨年の6月4日に産卵セットされて、忘れられたのか放置されていた産卵セット。
数か月前にプラケ底面に蛹室らしき痕があり、幼虫の生存はわかっていた。
・・・だけど素直に割り出せないなぁ・・・

タランドゥスホソアカは、この手のキクロには珍しく、派手な色目は出ない。
色合いはアラガールホソアカに似てると言える。

この虫は、初入荷の頃1ペア¥8.5万両ほどしたはずだが、随分安くなったもんだ。
オマケに当時発見者が産地偽装を行い、何やら価格が暴落した覚えがある。
生き虫屋からは大した問題じゃなくても、標本好きからすると産地偽装は致命的。
・・・まぁ人間お金がチラつくとなぁ・・・

放置されて10カ月経過しているし、幼虫も羽化してるかもしれんから、割り出してみることに。

DSCN2965[1].jpg
産卵木だけどモロモロで半分マットになったような材には虫が居ない。
そりゃそうだわな、蛹室を作ることを考えりゃしっかりした材に蛹室を作らないと壊れてしまうわな。
材に蛹室を作っているものは、堅い材に作られており、柔らかい材に作ったものは居なかった。

DSCN2964[1].jpg
マットは極普通のマット。
ただ1年近く放置した割に乾燥しておらず、湿り気は多かった。
・・・密封性の高いコバエシャッター中を使ったのが幸いしたんだろう。

DSCN2959[1].jpg

DSCN2963[1].jpg
この♂1頭のみが、マットに蛹室を作っていた。
羽が少し柔らかいようだから、羽化して間が経っていないのだろう。

DSCN2960[1].jpg
もう1頭の♂だけど、こちらは羽化から少し経過しているようで、脚がしっかりしている。
中々綺麗な個体だけど、色目が無いから人気も・・・

DSCN2961[1].jpg

DSCN2962[1].jpg
キクロの♀としては極普通。
色目が無いけどこれも極普通。
まぁ♀は産んでくれれば・・・国会でこんなことを言うと大問題になるけど・・・

放置はイカンね、まともに割り出して居れば幼虫も沢山取れたろうに・・・
それでも2ペア取れたのはラッキーだった。
・・・今オクで出品されているけど、買わなくて良かった。
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:ペット

交尾済みなのかどうか? [ハンシオオクワ]

ブリードが難しい種がある。
・・・もしくは苦手な種がいる。

以前はヒペリオンだった。
大昔に日本に入荷したときには全く問題無くブリードできていた。
まぁ♀が挟み殺される事件があったけれど、1♂2~3♀で問題無く産卵出来ていた。

特に問題も無く累代が出来たので飼育を止めたけど、飼育を再開したら全くブリード出来なくなっていた。
殺された♀も10頭以上・・・

昔と同一産地でも実際には違っていたのか・・・?
標高が違っていたのか・・・?

どうあがいてもダメだったけど、私は諦めん人だから♀が殺されても飼育し続けていた。
・・・相当鈍い人なのかもしれん・・・

ヤフオクでペアを落札したときに、出品者が雑誌で有名な方だったから、教えを乞うた・・・
・・・単純だけど盲点のような答えを教えてくれた・・・やっぱりすごいのぅ・・・

ブリードはあっさり成功した。

・・・もうあと1種・・・

ハンシオオクワこれが残った。
ドルクスハンシとかハンスヒラタとか言われているヤツである。
・・・ヒペリオンの近似種と言われている。

この種も入荷したときにはブリードが非常に簡単な種で、事故も皆無。
簡単な種だった。
ところがオクで他の血を入れながら累代すると突然♀の事故が多発した。

ヒペリオンと全く同じだけど、殺された♀は10頭以上・・・
・・・なんでなんや・・・
このころに千葉の方からヒペリオンペアを買った・・・
近似種と言われてるんだったら、ヒペリオンと同じ方法ならブリードできるかも・・・

同居させて1か月以上・・・事故は起こらない。
千葉の方はやっぱりすごいのぅ・・・

中々交尾の確認は出来なかったけど、ある日♂の交尾期が飛び出ているのを見つけた。
・・・後尾済みかも知れん・・・数日後♀がプラケ側面に立ち上がって”出しちくり”という行動を見つけた・・・

DSCN2948[1].jpg
同居中の♂、♀はマットに潜っている。

DSCN2949[1].jpg

DSCN2950[1].jpg
ハンシオオクワ 中国 広西壮族自治区 大瑶山産 2014年12月羽化 ♂体長51mm
ヒペリオンよりも少し小さいけど雰囲気は似ている・・・内歯の形は違うけど。

DSCN2951[1].jpg

DSCN2952[1].jpg
ハンシオオクワ 中国広西壮族自治区 大瑶山産 2015年11月羽化 F4♀32mm
♀の形はヒペリオンと似すぎていて、私では判別できない。

メイトガードも交尾も確認できていないけど、明日にでも産卵セットに移そう。

・・・これだけブリードに苦労している種なんで、幼虫が取れたら単純に大喜びするだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

何度目かのチャレンジ [コーカサスオオカブト]

タイトルを見て”おんや?”と思った人もいるだろうが、過去何度か幼虫は取れているのである。
しかし幼虫が取れると、急激に興味を失い飼育放棄になり、結果羽化まで行ったコーカサスは居ないのである。

・・・情けないやないか!

私は昔から巨大種が好きで、大きなものを飼育していたけど、現在コーカサスオオカブトは幼虫も成虫も飼育していない。

私は昔から懲りん男で、納得するまで何度でも飼育するのである、今回もこれだ。



今回もアリストが適当な成虫ペアと♀単品が出品されている。
カブトの場合、爆産する場合があるから♀は1頭で良いんだけど、WDだと偶にセット後1週間もしない内に★になる場合がある・・・予備の♀は必要やな!

・・・という訳で、WDコーカサスオオカブトを1♂2♀で入手した。

DSCN2913[1].jpg

DSCN2914[1].jpg

DSCN2917[1].jpg
コーカサスオオカブト ジャワ島アルゴプーロ産 WD ♂105mm

コーカサスは南米産のオオカブトと異なり4本角で恰好良いと思うし、白亜紀に住んでいたトリケラトプスっぽくて好きなんである。
それに南米産のカブトは大人しいけど、コーカサスは気が荒い。
ヒラタっぽい性格なのかな、ツンツンすると一番面白い。

DSCN2915[1].jpg

DSCN2916[1].jpg
♀はWDの場合、比較的小型のものが多い。
この♀も50mm程度かな?

画像の♀以外にもう1頭♀が居るけど、マットに潜って出てこない。
ペアリング中の♀はB品なので、先にセットしようという訳だ。

2♀で最低50頭は欲しいけど、どうなるかな・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。