So-net無料ブログ作成
検索選択
エラフスホソアカ ブログトップ

この季節がやってきた [エラフスホソアカ]

今年もまたまたこの季節がやってきた。
・・・エラフスホソアカの季節だ。

ブリードは何度も失敗するけど、そんなに難しいってことは無い。
・・・累代出来ない原因は・・・私のズボラが原因だ。
今年もそうなのか・・・そんなのやってみなけりゃわからんじゃないの・・・

・・・で、ポチッとな!

DSCN0584[1].jpg

DSCN0586[1].jpg

DSCN0587[1].jpg
85mmほどの個体だけど、色目が平凡なんだな。
その分、安かったってのがあるけど。

でもそれを引いても、十分に美しいキクロだと思う。

DSCN0588[1].jpg

DSCN0589[1].jpg
♀は体長32mmとエラフスでは普通だろう。
腹黒い♀でこれといった特徴は無いけど、トルンカートゥスの♀よりもハードな感じがする。

WDだけど未交尾の可能性もあるから、念のため同居させよう。
幼虫は・・・WDだけど15頭は欲しいな。

幼虫飼育は、発酵マットで飼育したい。
材飼育だと中が見えないからつまらないし、カワラ菌床飼育だと・・・大きくなるのが当然といった感じがるから嫌だな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

♂だけ羽化 [エラフスホソアカ]

今年の3月20日に記事にしたけど、その時は遅すぎた割り出しの話だった。
それから2ヶ月・・・♂が全て羽化していた。

♀は2頭居るけど、まだ蛹なんだな。
理由は、♂は25度の成虫管理室に置かれていた・・・♀は19度の幼虫管理室に置かれていた・・・
温度差は、重要なんだね。

P1060345.jpg
スマトラ島 デンポー産 WF1 体長47mm 2013年4月羽化
最大羽化個体だけど、それでも小さいから横紋がはっきりしないな。
それでもグリーンがかった色で、トルンカートゥスでは出ない色だから間違いないだろう。

P1060346.jpg
こっちの個体は42mmだから、横紋が更にはっきりしない。
この個体は、5月羽化だから成熟にはまだ時間がかかりそう。

P1060340.jpg

P1060341.jpg
♀の状況だけど、2♀共に蛹だ。
でもまぁ小さいから、6月中には羽化するんじゃないかな。

これらの虫をペアリングするのは、8月~9月頃になるかも。
遅くなっても爆産してくれれば・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

割り出し [エラフスホソアカ]

あれっ!
エラフスホソアカの産卵セットって組んでたの?・・・というあなた・・・甘い~
・・・私はエラフスホソアカが好きだから、毎年セットしているのだ。
ただこのセットは、どういう親虫を使ったのか・・・全く記憶が無い。

P1060093.jpg
★になった♂親。
なんか、あんまり大きくなさそうなんだなぁ・・・WD♂だったらわかるんだけど。
まぁこの記事は、昨年の4月28日の後記なんだろうけど。

P1060094.jpg
♀親だけど、この虫はWF1だということがわかっている。

中プラケの産卵セットを見ると、乾燥しているけど、産卵木の下側(マットに埋まっている部分)が見事に食べられている。
・・・マットは粗い目のマットで、中には固形のカブト糞が混じっている。

新聞紙にマットをぶちまけて、幼虫を探すと・・・

P1060095.jpg

P1060096.jpg

P1060097.jpg
幼虫は3令後期の大きな幼虫ばかり。

・・・ふっと思うんだが・・・今までキクロは♂♀の大きさが異なるから、羽化ズレは当然と思っていたけど、♂♀を同居させたら同時羽化すると思うんだが・・・
勿論、中プラケ程度で10~20頭も飼育したら殺し合うだろうけど、~5頭程度だったら・・・
大きさを狙う♂は単独飼育だろうけど、累代目的の♂♀なら・・・

P1060101.jpg
割り出しの結果は、3♂2♀だったが、全ての幼虫が3令後期でやや黄色くなっていた。
エラフスのセットで5幼虫は少ないけど、割り出しが大幅に遅れたから仕方ないのかも。
まともにセット後2ヶ月で割り出していれば、10~20頭程度は取れたかもしれん。

久しぶりに・・・

P1060102.jpg
マットを作ってみた。
エラフスホソアカに使った産卵木と荒いマットをミキサーで微粒子にしようと言う訳だ。

P1060098.jpg
産卵木を砕くと白い未醗酵マットが出来た。

P1060099.jpg
カブトの糞も入っている荒いマットを砕くと・・・

P1060100.jpg
う~ん、中々良さそうな微粒子醗酵マットになっている。
・・・これだとキクロの産卵セットに使えそう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

また夏がやってきた・・・の続編なんだけど [エラフスホソアカ]

今日も散歩に行った。
ちょっと雲が多くて、天気はそんなに良くないけど、まぁ散歩には良いかな。

P1040868.jpg
何十年ぶりかな、アオスジアゲハなんて。
・・・小学生か中学生か。

朝、散歩前に羽化中だったエラフスホソアカの♀。

P1040870.jpg
ちょっとちっちゃいけど、完品で産卵に申し分なければ・・・

P1040874.jpg

P1040875.jpg
未来のパパ候補だ。
WDで体長87mmあるから問題ない大きさだろう。

散歩から帰ったら・・・

P1040879.jpg
下羽も収納されたし、問題なく完品羽化だろう。
あとはCBF1が誕生してくれたら・・・
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:ペット

また夏がやってきた・・・ [エラフスホソアカ]

毎年4月になると、このシーズンがやってきたなと思う。
エラフスホソアカとトルンカートゥスホソアカの季節だ。

特に昨年には、明確に両種に差があり、別種であることが判ってきた。
・・・両種を見てみると、今まで私が飼育していたのは・・・トルンカートゥスホソアカだったのだ。
でも♂は結構エラフスを飼育していたが、♀はトルンカートゥスばかり飼育していた。

まぁ当時は誰もそんなこととは判らなかったから・・・仕方ないなぁ。

昨年は自分の目で確かめようと、エラフスとトルンカートゥスのブリードをしたけど・・・
トルンカートゥスは1♂のみ・・・羽化して後食している・・・

エラフスは1♀のみ・・・現在蛹なんだね。

・・・こんなことではイカン・・・
もう一回トライや!

ポチっとな!
・・・しかし高額で落札する人が居て、落札できない・・・困ったなぁ。

何時もはビッダオクを利用するのであるが、この時はフッと思いついて某ヤッホーオクを見てみたら・・・
安価に出品されとるやないか!

ポチッとな!
・・・ついに落札や!

P1040825.jpg

P1040826.jpg
中々立派なエラフスやね。
スマトラ島 Mt,デンポー産 ♂87mm WD
・・・もうちょっと緑が強ければ、言うことは無いんだけどな。

一方・・・

P1040827.jpg

P1040828.jpg
同じく スマトラ島 Mt,デンポー産 ♀29mm WD

しかし・・・どうも嫌な格好だ。
・・・強いて言うと、寿命がきた個体・・・もしくは産卵済みで★が近い個体・・・
WDはこれがあるからなぁ・・・
・・・10頭ほども産んでくれたら・・・

P1040829.jpg
腹側の画像だけど、・・・やはり腹黒い・・・
エラフスやな。
・・・まだ1♀が蛹でいるから、少しは気楽なのかもしれない。

WDとWF1♀の2頭で20頭・・・可能かな。
幼虫は、マット・カワラ菌床飼育に分けて羽化させられたら。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

エラフスホソアカとトルンカートスホソアカ [エラフスホソアカ]

前に記事を書いたのは昨年の5月20日頃だった。
当時は、エラフスホソアカと偽エラフス等という、有難くない名前で呼ばれていた。
・・・トルンカートスホソアカ・・・エラフスホソアカの方が響きが格好良いのぅ・・・

大体偽エラフス等酷いじゃないか。
・・・トルンカートスホソアカは怒っているに違いない・・・エラフスホソアカという名も人がつけただけで、別にエラフス君やトルンカートス君がそう言っているわけじゃない。

大体本物のエラフス(シカ)よりもエラフスホソアカのアゴの形状のほうが、古いんじゃないかな。
・・・だったら、名前の付け方が逆じゃないか・・・エラフスホソアカの方が本家じゃないか!・・・ブツブツ・・・

・・・まぁ不満は置いといて・・・

P1020750.jpg
エラフスホソアカの♂だ。
スマトラ島 Mt,デンポ産 体長81mm
色彩は、若干不満があるものの、それらしい特徴は明確に出ている。

P1020751.jpg
アゴの付け根の紋々がネ・・・
・・・もう少しグリーンが強かったらな~・・・

P1020752.jpg
腹黒い♀・・・性格が悪いのか・・・んな訳ないわな。
エラフスの♀として見れば、トルンカートスの♀よりもカチッとして大きい。

P1020753.jpg
・・・背面も真っ黒・・・色がないとツマランのぅ・・・

P1020754.jpg
旧エラフス・・・現トルンカートスの♂だ。
産地は同じで、スマトラ島 Mt,デンポ産

P1020755.jpg
エラフスやトルンカートスが同所に住んでいるのであれば、交雑種は生まれないのか?
同時期に入荷するから、発生時期に違いは無い。

P1020756.jpg
色彩が出ているトルンカートスの♀。
以前からブリードしていた身にすると、こちらの方がエラフスと呼んでしまいそうだ。

P1020757.jpg
♂も♀もエラフスの方が大きく感じられる。
・・・とすれば、ブリードしてもトルンカートスは大きくなりにくいだろう。

エラフスだと思っていたが、マイギネスの67mmはトルンカートスだった。
・・・赤系の華奢な美しいホソアカだったが・・・

エラフスは材飼育で大きくなるらしいが、材飼育だと成長過程を目視できない。
・・・かと言って、カワラ菌床で大型を狙うのも・・・
何でも菌床で大きく出来るというのは・・・ツマラン。
やっぱりホソアカは、マット飼育で大きいのを作らなくっちゃ。

エラフスなら90mm~
トルンカートスなら75mm~

目標は遠大だ・・・過ぎるかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
エラフスホソアカ ブログトップ