So-net無料ブログ作成
検索選択
ハンシオオクワ ブログトップ

交尾済みなのかどうか? [ハンシオオクワ]

ブリードが難しい種がある。
・・・もしくは苦手な種がいる。

以前はヒペリオンだった。
大昔に日本に入荷したときには全く問題無くブリードできていた。
まぁ♀が挟み殺される事件があったけれど、1♂2~3♀で問題無く産卵出来ていた。

特に問題も無く累代が出来たので飼育を止めたけど、飼育を再開したら全くブリード出来なくなっていた。
殺された♀も10頭以上・・・

昔と同一産地でも実際には違っていたのか・・・?
標高が違っていたのか・・・?

どうあがいてもダメだったけど、私は諦めん人だから♀が殺されても飼育し続けていた。
・・・相当鈍い人なのかもしれん・・・

ヤフオクでペアを落札したときに、出品者が雑誌で有名な方だったから、教えを乞うた・・・
・・・単純だけど盲点のような答えを教えてくれた・・・やっぱりすごいのぅ・・・

ブリードはあっさり成功した。

・・・もうあと1種・・・

ハンシオオクワこれが残った。
ドルクスハンシとかハンスヒラタとか言われているヤツである。
・・・ヒペリオンの近似種と言われている。

この種も入荷したときにはブリードが非常に簡単な種で、事故も皆無。
簡単な種だった。
ところがオクで他の血を入れながら累代すると突然♀の事故が多発した。

ヒペリオンと全く同じだけど、殺された♀は10頭以上・・・
・・・なんでなんや・・・
このころに千葉の方からヒペリオンペアを買った・・・
近似種と言われてるんだったら、ヒペリオンと同じ方法ならブリードできるかも・・・

同居させて1か月以上・・・事故は起こらない。
千葉の方はやっぱりすごいのぅ・・・

中々交尾の確認は出来なかったけど、ある日♂の交尾期が飛び出ているのを見つけた。
・・・後尾済みかも知れん・・・数日後♀がプラケ側面に立ち上がって”出しちくり”という行動を見つけた・・・

DSCN2948[1].jpg
同居中の♂、♀はマットに潜っている。

DSCN2949[1].jpg

DSCN2950[1].jpg
ハンシオオクワ 中国 広西壮族自治区 大瑶山産 2014年12月羽化 ♂体長51mm
ヒペリオンよりも少し小さいけど雰囲気は似ている・・・内歯の形は違うけど。

DSCN2951[1].jpg

DSCN2952[1].jpg
ハンシオオクワ 中国広西壮族自治区 大瑶山産 2015年11月羽化 F4♀32mm
♀の形はヒペリオンと似すぎていて、私では判別できない。

メイトガードも交尾も確認できていないけど、明日にでも産卵セットに移そう。

・・・これだけブリードに苦労している種なんで、幼虫が取れたら単純に大喜びするだろうな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

昨年11月30日の続編 [ハンシオオクワ]

昨年10月30日にハンシオオクワの産卵セットを組んだ。
この記事はその続編で、割り出しの記事になる。

まぁプラケ底面や側面に多数の幼虫が見えているから、気楽な割り出しである。
近似種のヒペリオンのブリードで苦しんでいるのに、ハンシは簡単なんだなぁ。

このセットは♀の寿命が迫ってきていたから、急いでペアリングして産卵セットした。
だからあまり幼虫の数は期待していなかったのだが・・・

DSCN0250[1].jpg
ハンシオオクワとすればごく普通の産卵セットだ。
微粒子の発酵マット、柔材2本・・・

DSCN0252[1].jpg
♀親は既に★になっている。

ハンシオオクワガタ 中国 広西壮族自治区 大瑶山産 F2 ♀34mm 2012年秋頃羽化

DSCN0253[1].jpg

DSCN0255[1].jpg
産卵木やマットから幼虫が見える。
ただ産卵木に多数の坑道があるから材産み中心だと思うけど、マットからも多数の幼虫が得られているから、マット産みも否定できない。

DSCN0257[1].jpg
結局この産卵セットからは33頭の初二令幼虫が得られた。
爆産種だとは思わないけど、並の数は産むようだ。

交尾の事故が無い点を考えれば、ブリードは簡単、幼虫は普通に得られる・・・飼育していて楽しい種なんだと思う。

DSCN0258[1].jpg

DSCN0259[1].jpg
♂親だが産地は♀と同じ、でも累系が違うからCBF1になる。

ハンシオオクワガタ 中国広西壮族自治区 大瑶山産 WF1 ♂41mm 2012年5月中旬羽化

この幼虫達の中から、60mmオーバーが出たら楽しいだろうな。


PS

今日見たら、2頭の2令幼虫を見つけた。
・・・こんな大きい幼虫を見逃すなんて・・・
・・・老眼は悲しい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

産卵セット [ハンシオオクワ]

今から1か月ほど前にハンシオオクワガタの産卵セットをした。
ヒペリオンと近似種ということだが、性格的には全く似ていない、外形的には似ているけど。

ヒペリオンの場合、ペアリングの事故が多くてブリードが嫌になる。
昨年から頑張っているけど、失敗ばかり・・・★になった♀は6頭ほどにもなる。

しかしハンシの場合、事故の経験はない。
♂が♀を認識したときの追い方が激しくない・・・ヒペリオンはとても激しい・・・

今回も同居させたけど、仲良く餌を食べていたから交尾済みなんだろう・・・メイトガードは見なかったけど。

DSCN0071[1].jpg

DSCN0073[1].jpg
中国 広西壮族自治区 大瑶山産 WF1 体長41mm 2012年5月下旬羽化

体長41mmと小さいから全く迫力はない。
でもペアリングの事故は起こらないだろう。

DSCN0074[1].jpg
産卵セット全景だが、なんか黒い点が・・・

DSCN0076[1].jpg
♀親がゼリーを食べていた。
・・・打ち止めなのか、一休みなのか・・・勿論打ち止めは許さないよ。

DSCN0078[1].jpg
プラケ底面には卵が見える。
これ以外に3卵見つけた・・・そこそこ産んでくれてるかな。

DSCN0080[1].jpg
幼虫も見える。
ただセット後期間が短いからか初令初期の幼虫ばかり3頭見つけた。

・・・この種はブリードミスしなさそうだから20幼虫ほども取れれば・・・
祈 そこそこ爆産!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

♂羽化 [ハンシオオクワ]

先日ハンシオオクワの♂が羽化した。
・・・
・・・?

昨年8月以来の記事になるけど、そのときは割り出しの記事だったはず。
ちょっと早すぎるかな・・・そう思ったあなた・・・正しい!

前の記事は、成虫ペアで購入したペアだった。
・・・
今回の記事は幼虫で購入したハンシが羽化したというもの。
ただ・・・♀は全て羽化しているけど、♂はこの1頭だけで貴重品なんだな。

P1050942.jpg
ドルクスハンシ 中国 広西壮族自治区 大揺山産 F2 ♂体長49mm 2013年2月下旬羽化

P1050944.jpg

P1050945.jpg

P1050946.jpg
ヒペリオンの近似種ということだからヒペリオン並に体長50mm台後半から65mm程度が羽化しないかなと思っていたが、甘い期待であった。
・・・49mm・・・ちっちぇえ!・・・しかも迫力ねぇ・・・

アゴが大きくてスラリと長ければ、格好良いんだろうけど、どういうわけか天はそうしなかったんだな。
ちっちゃくて貧相なアゴ・・・

ヒペリオンに勝っている点は、♀に優しいというところか。
・・・まぁ形状的には勝ってないわな。

一方♀は・・・

P1050947.jpg
・・・手は、私だ!

♀ 体長35mm 2012年秋頃羽化

P1050950.jpg

P1050951.jpg
大きさといい、形状・点刻といい・・・ヒペリオン♀と区別できない。

今回、無事に♂が羽化したことだし、累代するかな。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

割り出し [ハンシオオクワ]

以前別のクワガタ虫でお世話になった方から、ハンシオオクワの幼虫が要りませんかと問合せがあったけど、興味が沸かなくて、そのまま忘れていた。
ところがその幼虫が羽化して、成虫で販売されると俄然興味が沸いてきた。

・・・ポチッとな!
ウグっ!
相手も諦めてくれない!

でも落札すると決めていたから、私が落札した。

販売者と連絡を取ると、ヒラタではなくてオオクワでしょうと・・・
又、ヒペリオンの近似種でしょうと・・・

確かに成虫♂を見ると、アゴは違うけど体はヒペリオンと良く似ている。
それに♀を見ると明らかにオオクワ。
ヒラタじゃ無い・・・ヒペリオンと全く同じで見分けがつかない。

・・・ペアリング→産卵セット→割り出し→幼虫沢山→ウハウハ (^^)/  という予定だ。

・・・でペアリングは終了して、産卵セットに入れていたけど、今日割り出すことにした・・・って5月17日にセットしてたんだよね→遅すぎ!

P1050511.jpg
何の変哲も無い、普通の材だけど果たして幼虫は居るのか?
・・・って、産卵木を見れば産卵してることは判る。

P1050513.jpg
割っていくと直ぐに幼虫が現れる。
・・・2令幼虫やね。

P1050514.jpg
更に割っていくと、2令幼虫と初令初期の幼虫が見える。
・・・ドルクス・ハンシと言われているから、どうかなと思っていたけど、予想通りヒペリオンと全く同じセットで良いみたい。
だからかな、マットには産んでいなくて、全ての幼虫は材から得られた。

P1050515.jpg
割りカスだけど、これは取って置かないとね。
何せ、ノホイネンは老眼だから取り残しが有るかも・・・多分ある・あるだ。

P1050517.jpg
中国 広西壮族自治区 大瑶山産 WF1 ♀31mm 2011年9月28日羽化
この点刻の明瞭さと大きさ・・・ヒペリオン♀と同じだ。

P1050518.jpg
2011年10月12日羽化 WF1 ♂55mm
アゴの形状が違うだけで、体はヒペリオンと良く似ている。
体長は、ヒペリオンよりも少し小さいみたいだけど、累代が浅いからなのか。
ヒペリオンだと60mm台半ばなら普通に作れる。
ハンシでも・・・

P1050519.jpg
結局初二令幼虫は生存23頭と1プチュ。
・・・ちょっと期待よりも少ないかな。

♀はヘロヘロだけど★になるまで、産卵してもらおうかな。
ペアリングではヒペリの事故は多いけど、ハンシは少ないというか全く事故は起こらなかった。
案外この種は大人しいのか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
ハンシオオクワ ブログトップ