So-net無料ブログ作成
検索選択
マグダレインコクワガタ ブログトップ

羽化してきたね [マグダレインコクワガタ]

2015年11月4日割り出しの幼虫が羽化してきている。

マグダレインコクワガタ・・・コクワと言う名前がついているけど、アゴの形で分かる通りアカアシクワガタの1種だ。
感覚的に言うとコクワよりも少し上品な感じがする、私だけかもしれんけど。

DSCN2877[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2017年1月羽化 体長40mm
WDペアを東京浅草の業者から買ったのだが、中々多産だったような。

DSCN2878[1].jpg

DSCN2879[1].jpg
埋め込みにも使える微添加の発酵マットを800CCボトルに詰めて、エサ替えは無し。
掘り出し時、マットは良く乾燥していた。
・・・そりゃまぁこんな飼育だと大きくならんか。

DSCN2881[1].jpg
マグダレインコクワ WF1 タイ ファン産 2016年秋口羽化(気づいたら羽化していた)
体長29mm
この個体は少し羽パカで羽にある凹みが残念。
だけど25度の部屋で育てられたから、仕方ないか。

DSCN2882[1].jpg

DSCN2883[1].jpg
・・・しかしダニが多いな、それに小さいし。

・・・でも羽が橙色をしていて特徴が良くわかるし、中々良い個体なのかも。
もっと大きければ、より特徴が分かるけど。
・・・まぁF2で大物を作れば良いじゃない。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

いよいよ割り出し [マグダレインコクワガタ]

マクダレインコクワの割り出しをした。
前回の記事で8月27日頃のセットじゃないかと書いた。
・・・だったらチョット割り出しが遅いかな。

・・・割り出したくなかったんだな。
コバエが一杯で、憂鬱だし、屋外で割り出さなきゃならないし・・・

今日の午後2:00頃から割り出した。
まぁ幼虫は確認済みだから、そういう意味では気楽なんだが・・・

DSCN2110[1].jpg
これから割り出す産卵木2本。
適度な湿り気で卵もあまり腐らないんじゃないかな。

DSCN2111[1].jpg
産卵木を除けると幼虫が姿を見せた。

DSCN2116[1].jpg

DSCN2117[1].jpg
ちょっと割り出すだけで、かなりの幼虫が取れる。

DSCN2115[1].jpg

DSCN2118[1].jpg
卵も見える。
中々良く膨らんでいて、孵化間近なんだろう。

割り出していると誰かの視線を感じる・・・?

DSCN2120[1].jpg
犯虫はこいつだ。

DSCN2123[1].jpg

DSCN2124[1].jpg
ドルクス族は寿命が長いと痛感する。
この♀は、産卵しているけど符節切れもない。

DSCN2125[1].jpg

DSCN2126[1].jpg
この♂は54mmしかないけど、沢山の幼虫を残してくれた。

マグダレインコクワガタ タイ ファン産 WD 体長50mm
赤色の鞘羽が美しい。

・・・70mmくらいの♂が作れたら・・・累代しても良いな。

DSCN2128[1].jpg
結局このセットからは、38初二令幼虫と4卵が取れた。
・・・結構、産む種類なのかも。
でもまぁ産まないよりは沢山産んで貰った方が、気分良いわな。 
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

産卵セット [マグダレインコクワガタ]

現在マグダレインコクワの産卵セットをしている。
・・・
ただ・・・前回紹介したペアとは違うペアなんだね。
・・・
何で?

ペアリングの同居生活を数か月・・・♀は★になった・・・
・・・またかよ!

私にはこれが多いのだ。
・・・気まぐれな性格というか・・・エエ加減というか・・・お蔭でまた出費だ!
諦めれば良いって?・・・諦めん性格なんだな。

DSCN1899[1].jpg

DSCN1900[1].jpg
マグダレインコクワ タイ ファン産 WD ♂50mm
コクワとは言ってもアゴの形でアカアシクワガタだと分かる。
日本のアカアシクワガタとも良く似たアゴをしている。

小さめで迫力は無いけど、色目の美しさは十分だ。
WDでも販売されていた一番小さなペアだけど、これは私らしい。

♀?

DSCN1907[1].jpg
現在産卵セットに入っていて、出てこなかった。

産卵木にも脱出口のような割れ目があるけど、ゴミムシの脱出口だ。
・・・蛹の時に見つけておけば・・・悔やむなぁ。

まぁ♀には産卵に集中してもらおうと思うし、ひょっとしたら★になってるかも・・・
なんせWDは寿命が分からんからね。

だけど・・・

DSCN1904[1].jpg

DSCN1906[1].jpg
プラケ底面に数頭の幼虫が見えるから、♀は役目を果たしてくれたんだろう。
うっかりして何時産卵セットを組んだか書いていない。

でも多分8月27日頃じゃないかな。
そうすると割り出しは10月27日頃、楽しみやね。

・・・ただコバエが湧いているのが悩みだ。
10月の終わりに屋外のベランダで割り出すのは寒いかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

色目も欲しいねぇ・・・ [マグダレインコクワガタ]

ネパールコクワは真っ黒な個体で、色虫が好きな私には残念なクワガタだった。
・・・やっぱり色目のあるコクワガタが欲しいな・・・

・・・

ポチッとな!

この個体もネパールコクワと同じ日にやってきた。
・・・
でも色目のあるコクワは良いなぁ。
・・・アカアシの系統らしいけど・・・

DSCN1512[1].jpg

DSCN1514[1].jpg

DSCN1515[1].jpg
マグダレインコクワガタ F4 タイ ファン産 ♂体長59.5mm 2014年9月中旬羽化
・・・赤い鞘羽が良いなぁ。

F4ということだからWDが入荷した頃にはアローコクワと言われていたはずだ。
尤も、こいつはそんなことは関係ないんだろう。
・・・何せ虫だからね、種名なんて関係ないわな。

DSCN1516[1].jpg

DSCN1517[1].jpg

DSCN1518[1].jpg
マグダレインコクワガタ F4 タイ ファン産 ♀体長35mm 2014年8月初旬羽化
嬉しいねぇ、♀の鞘羽も赤いじゃないか。

ただこの♂は体が少しボコボコだ。
多分幼虫飼育温度が高かったのだろう。

羽化から大分経つし、エサゼリーが同梱されていたから後食しているのだろう。
エサの食い方を見てから、ペアリングと行きますか。

飼育方法としては・・・ネパレンシスほどじゃないだろうけど、この種も低温飼育が良いのだろう。
菌床飼育で大きくして、蛹化はマットで・・・→凸凹の無い70mmオーバー個体作出・・・
な~んちゃったりして (^^)・・・コクワでも夢は大きいど!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット
マグダレインコクワガタ ブログトップ