So-net無料ブログ作成

エサ替え [サタン]

ここんとこ私は、幼虫のエサ替えもしないで放置のような管理をしていた。
フンカスの上の幼虫が居るという感じ・・・

これではイカンとエサ替えすることに。

DSCN2894[1].jpg
2016年1月28日孵化の幼虫だが、体重33gだと♀じゃないかと腹を見たら♂班が無い。
・・・♀やね。

DSCN2896[1].jpg
52g・・・♂やね多分。
腹を見ると♂班がある。

だけどサタンだと飼育温度が高過ぎたみたい。
25度・・・
生存は4頭、★は6頭・・・情けない。

気分を変えよう。
実は割り出していないセットが1つある。

セット日が分からない。
記載されていないのだ。
♀の羽化が2016年3月9日・・・セット日は2016年10月頃かな。

DSCN2902[1].jpg
カブトの普通のセットだ。

DSCN2903[1].jpg
マット上の転倒防止用のエサ皿を除けると、★になった♀が・・・
だけどプラケ底面に幼虫の姿を多数確認していたから、気楽なんだよね。

DSCN2905[1].jpg
プラケをぶちまけると幼虫が・・・
2令から3令初期といったところ。

クワガタ虫でセット後ここまで放置すると幼虫の数が激減するけど、カブトの場合あまり減らないことが多い。
・・・クワガタは攻撃的、カブトは平和主義なのかも。

DSCN2906[1].jpg
しかし1幼虫の外皮が・・・共食いはしないはずやが・・・

DSCN2907[1].jpg
結局16頭の幼虫が取れた。
放置状態だとこんなものかも・・・次はしっかり管理しないとね。

・・・と言う訳で早速カブトマットとクワガタ用添加発酵マットを発注した。
これからはもう、ひもじい思いはさせられないよ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

天国と地獄 [サタン]

先月もサタンの記事を書いたけど、良かったことと悪かったこと・・・

良かったこと

DSCN2486[1].jpg
16卵を採卵。
赤色に変色する卵もあり、無精卵なのかと思った時もあったが・・・

DSCN2488[1].jpg
孵化している幼虫が多数居る。

DSCN2490[1].jpg
卵も大きく丸く膨らんでいる。
・・・ひょっとすると全て孵化するかな?

DSCN2491[1].jpg

DSCN2494[1].jpg
頑張ってくれたパパだ。
サタンはあまり大きくないから、中プラケでブリードしても未交尾という失敗はあまり無いようだ。


悪かったこと

DSCN2499[1].jpg

DSCN2500[1].jpg
産卵セットのマット上でひっくり返っていた。
・・・慌てて助け出し、ミニプラケに入れておいたけど・・・
数日後、★になっていた。

切ないのぅ・・・
卵も16卵しか確認されてないのに・・・

大プラケの産卵セットの底面や側面には卵は見えない。
産んでいれば、有精卵で孵化する可能性が強いけど。
・・・?

結局・・・

DSCN2501[1].jpg
16卵の内、現在まで11幼虫が孵化している。
画像では10幼虫だけど、アップ前に1頭孵化している。

これ以上卵が見つからないと、最大でも16幼虫しか・・・

♂は元気に生存している、♀は★・・・
しのびないけど♀は高いし、蛹で2ペア居るから・・・
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

新年の一発目 [サタン]

明けまして、おめでとう。
・・・今年も我が家は、寝正月だ。
まぁ平和な年明けやね。

新年最初の記事は・・・サタンだった。

DSCN2436[1].jpg
このセットは昨年11月28日にセットされた。
カブトの割り出しでは、40日というのは遅い。
まぁ大体2週間やね。

ひっくり返すと・・・

DSCN2438[1].jpg
・・・カステラに似ている・・・食べたくなってきた。

DSCN2439[1].jpg
少数卵が見える。
セット後40日なら30卵は欲しいけど・・・

カステラを崩すと・・・

DSCN2440[1].jpg

DSCN2441[1].jpg
♀が出てきた。
・・・しかも完品、符節切れも無い。

結局・・・

DSCN2444[1].jpg
見つかった卵は16卵のみ・・・
少ない!

期待した数の半分ほど・・・

救いは、有精卵に思える事・・・

再セットやね。

DSCN2447[1].jpg

DSCN2448[1].jpg
♂は体長87mmと少し小さいけど、まだ元気だから追い掛けで頑張ってもらおうかな。
この♂は何時もの”しのびない”でポチッとエンターキーを押されたものだ。

今年も一杯産卵セットして、大量の幼虫を得たいね。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

羽化している♀ [サタン]

昨年の11月以来の記事だけど、その時と同じだ。
今回も♀が羽化していたんだね。

今日偶々幼虫飼育部屋に入ったところ、カリカリとタイベスト紙を擦る音がする。
誰なんかな?

探すと・・・
サタンが1400CCポリボトルの空気穴から頭を出している。
活動を始めたようである。

DSCN1970[1].jpg
サタンオオカブト ボリビア コロイコ産 F2 ♀56mm 2015年10月21日羽化確認

2011年9月3日孵化の幼虫だから羽化まで4年近く経っていることになる。
・・・だけど長いねぇ・・・長過ぎる・・・

DSCN1969[1].jpg

DSCN1971[1].jpg

DSCN1966[1].jpg
鞘羽の閉まりも良く、十分成熟させてから交尾させれば沢山幼虫が得られそうである。

DSCN1974[1].jpg
エサゼリーを入れてみたら・・・少し舐めているようだ。
活動を始めたけど、まだまだ完全には成熟していないようだ。

♂蛹がいたけど、少し蛹化不全気味だった。
今日羽化したけど、ひどい羽化不全で使い物にならないだろう。
・・・それでオクで頑張って入札したけど・・・負けちゃいました。
良い♂だったけどなぁ・・・上手く行かんね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

どうなったのかな? [サタン]

サタンの記事は、昨年10月以来だから随分久しぶりだ。
何をしていたのかと言うと、何もしていなかった。

カブトは孵化から羽化までが長いから、記事も長くなるんだね。
同じ時期にブリードしていたネプチューンは1ペアが蛹になっている。

他のペアは・・・まだ3令幼虫だ。
羽化ずれするのが嫌で♂♀同居させていたから、当然なんだけどね、同時蛹化は。

ところがサタンではそれをしていなかった。
それでボチボチ♂♀の確認をして、同居させようと思い立った・・・ちょっと遅かったけど。

1400CCプラボトルに入れていたんだけど、フンカスだらけだ。

・・・?
1個のプラボトルのタイベスト紙がボロボロに破られている?
・・・?
・・・!

羽化していました。(^^)/

DSCN1108[1].jpg
サタンオオカブト ボリビア ユンガス州 コロイコ産 CBF2 ♀ 体長53mm 
2014年11月活動確認(羽化はわからないねぇ)

DSCN1109[1].jpg

DSCN1110[1].jpg
200CCプリンカップ→1400CCポリボトル・・・これだけで羽化させたから、小さい。
どうしようもなく小さいと言う訳ではないけど、まぁねぇ。

でも残りの3令幼虫♂(♀も)は、全て3令幼虫だ。
・・・それに直ぐに蛹化しそうもないんだなぁ、来年の春~夏頃になるかな。
エサ替えしたけど、同じマットが無かったから、別のカブトマットを使ったけどショックで蛹化するかな。

仕方ない、♀成虫単品で販売して飼育費をちょびっと稼ぐか・・・
・・・後食の確認をしてからだけど。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

蛹化前の餌替えかな [サタン]

この間から数日掛でエサ替えをした。
♂♀の確認をしたけど、どうもわかり難いんだな。

♂班がはっきり出ないのだ。
・・・だったら頭の大きさと体の大きさで判断するしかないけど。

このサタンは8頭いるけど、2011年8月に孵化した幼虫だ。
・・・低温飼育すると時間がかかるけど、孵化から2年以上経過している。
蛹化も近いんじゃないかな。

P1060809.jpg
サタンオオカブト ボリビア ユンガス州 コロイコ産 F2 2011年8月孵化
55gあって期待している♂幼虫だ。
・・・ただ♂♀で羽化時期を合わせるなら、同居かな。

P1060808.jpg
36gの♀幼虫。
まぁ♀だから完品羽化で同時羽化だと文句はないけど。

♂の体長は95mm程度あれば見栄えも良いから理想的だ。
ただ同時羽化させたいから、特大プラケに1♂2♀で同居させよう。
・・・サタンはどうも2♂6♀かもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

順調やね [サタン]

前回の記事は、7月に書いた。
しかしそれからちょこっと変化があり、・・・と思うことがある。

一般にサタンやネプチューンは低温ブリードや飼育が基本と言われている。
それで私は、成虫ブリードルームは25度、幼虫飼育ルームは19度で管理している。

サタンやネプのブリードには少し低すぎるかなと思うけど、他のクワガタ幼虫の成育を考えると、19度・・・ウ~ン、良い温度じゃないかな。
まぁ、ホントは22度程度が良いのじゃないかと思うけど、仕方ない。

でも実際にブリードしてみると、交尾するし、産卵も問題ないようである。
家のサタンも7幼虫が孵化して、260CCプリンカップにカブトマットを詰めて、幼虫飼育部屋で飼育していた。

・・・暫くして、幼虫はどうしてるかなと思って、プリンカップを覗いてみると、7幼虫全てが干からびて★になっていた。
過去4幼虫しかゲットしたことが無かったから、7幼虫もゲット出来て喜んでいたのであるが・・・

親虫は同じ部屋で交尾し、産卵し、卵は孵化したのに・・・
何がいけなかったのか・・・?

幼虫が★になったマットを見ると、乾燥していた。
初令幼虫には乾燥は致命的だけど、幼虫をプリンカップに移したときにはマットは乾燥していなかったはずだ。

・・・ ・・・ ・・・?
低温がいけなかったのか?
日本のクワガタ・カブトでも交尾・産卵時は、盛夏で暑い時期である。
だから初令幼虫には、耐えられない寒さだったのか・・・

しかし親虫は、交尾・産卵している・・・?
・・・親虫にしても、限界温度だったか・・・
してみると温度は22度くらいが、良かったんじゃなかろか・・・

・・・ここまで考察したら、実行あるのみ!

P1030732.jpg
今日孵化した幼虫3頭も写っているけど、残りの10頭は8月4日孵化分から生存している。
理由は?

低温の幼虫飼育部屋で卵が孵化したら、25度のブリードルームに移して、プリンカップに入れている。
今までこのやり方で、落ちた幼虫は居ない。

低温、低温と言われているサタンでも、初令幼虫には19度は低すぎるようである。
結論・・・低温の幼虫飼育部屋には、2令中期~3令初期に移せば良いのでは・・・
・・・と言うことは・・・ネプもそうじゃなかろうか・・・


今朝サタンの卵を見ると・・・

P1030722.jpg
3幼虫が孵化していた。

P1030728.jpg

P1030729.jpg
早速、プリンカップに移した・・・勿論温度は25度だ。

P1030730.jpg
こっちは体長87mmと少し小さな♂だけど、交尾が出来たら良いのだから・・・
勿論、この幼虫達とは親子でも無く、単なるおじさんだ。

P1030731.jpg
この♀も血縁は無く、単なるおばさんだが、最近人では事件が続発している。
人の世よりもカブト界の方が、理知的な世界なのかも。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

第4回割り出し [サタン]

今年大いに期待して産卵セットしたサタンオオカブトだけど、早くも4回目の割り出しになった。
昨年までは、私のズボラが原因で採卵せず、幼虫で割り出していた。
・・・そうすると、孵化しないんだなぁ・・・

最高で4幼虫しかゲットできなかった。
たまに幼虫で割り出している人が、幼虫で割り出すほうが手間が掛からないから良いとか書いていることがある。

“ウソこけ!”・・・そのままマットで保管してたら、孵化せんやないか!
・・・これは私が得た教訓なのだ。
カブトは採卵する方が、圧倒的に幼虫をゲットできる。

前回6月20日に採卵した後、産卵数が落ちないようにペアリングさせていた。
6月20日~7月3日まで同居させたから、2週間ほども同居させていた。
・・・もう十分やろう・・・と言う訳でセットだ。

P1030413.jpg
割り出すと、直ぐに卵が見つかった。
白い卵で、有精卵だという確信がある。

理由は簡単で、2回目の割り出しで採卵した卵8個中7個が孵化したからだ。
残念ながら1度目の割り出し分は、1卵は正常に孵化したけど幼虫が弱かったみたいで、落ちた。
残りの2卵は、無性卵だったのだろう。
だから現在は7幼虫が、プリンカップ260CCに入っている。

P1030414.jpg
元気に見つかった母♀だが、左脚符節が無い。
徐々に寿命が近づいてくるのだろう。
・・・あと30卵ほど欲しいけど・・・

結局このセットからは、20卵が採卵されたけど、プチュした卵が2卵・・・中身が出てきている。
・・・18卵中15卵は孵化して欲しいな・・・

P1030415.jpg
♀は左脚符節が切れている以外は特に問題ないから、即セットに入っていただいた。
・・・!
・・・?
幾何学模様じゃ無い・・・何故なんだ?
答え
ゼリー皿が足りなくなったからだ。
でもまぁ3個も使っていれば十分なんじゃ・・・?

P1030416.jpg
卵の父親・・・嬉しそうである・・・
ウソだぴょ~ん!
実はこの♂・・・★になりかかっているのだ。

昨年の7月中旬羽化個体だから、丁度1年・・・
よく頑張ったと言うべきなのかも・・・ア~メン
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:ペット

孵化 [サタン]

サタンオオカブトであるが、今まで3度採卵している。
1度目は5月10日に3卵、5月18日に7卵、6月23日に11卵・・・
その内、5月10日採卵3個の内1個がカビたけど、卵が傷ついていたのだろう。

5月10日の2卵と5月18日の7卵が丸く膨らんでいる。
卵の中が透けているけど、どうやら幼虫らしき影が見える (^^)/

P1030348.jpg
5月10日採卵の2卵だけど、1卵が孵化している・・・が、孵化直後に★になったようだ。
今シーズン孵化1号は★になっている・・・惜しい。

もう1卵は・・・どうも無性卵じゃないかな・・・中身が透けて見えない・・・

P1030347.jpg
こちらは5月18日採卵の7個組みだけど、2卵が孵化している (^^
サタンでは過去、最高で4幼虫ゲットというのがマイギネスだ・・・ちょっと少ないなぁ・・・
でも期待できるじゃないか・・・少なくとも4幼虫以上は・・・

P1030352.jpg
エヘン!私がパパです・・・ってウソだぴょ~ん。
何の関係も無い叔父さんなんです。

P1030356.jpg
エ~、私がホントのパパです・・・って、既に★になってるんだな、これが・・・

勿論、虫のことだから絶対とは言えないけど、どうも寿命が短いんじゃないかい。
この個体は、体長94mm 2010年12月中旬羽化・・・先月★になったから・・・羽化後6ヶ月の命・・・短すぎるだろう。
♀は同じく2010年12月羽化で現在も元気に産卵中だ。

同月羽化なら、産卵する♀の方が寿命が短いはずだけど・・・
それに元気な叔父さんだけど、2010年7月羽化・・・羽化後1年生存している。
・・・納得出来んのぅ・・・子供を残してくれたから、黙っちょるけど・・・ブツブツ・・・
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット

 [サタン]

今年の5月18日にセットしていた、サタンオオカブトのセット。
ところが忙しくて、採卵していなかった。

この♀の卵は過去2度採卵されていて、それぞれ2卵と7卵が採卵されているからボウズは無い。
・・・

ところが途中の作業を画像に取り忘れたんだね。
・・・

P1030202.jpg
これを機会に交尾するように、同居させてみた。
まぁ♀にエサをたっぷり食べてもらおうと言うことでもある。

この♀・・・符節が1本落ちているし、体重も軽くなっているような・・・?
出来ればあと20~30卵は採卵したいけど・・・

P1030205.jpg
同居期間が終わったら、このプラケに引っ越してもらおうと思っている。
このプラケは今まで使っていたコンテナよりも、大きいのだ。
マットもかなり追加で入った。
・・・採卵数に期待できるんじゃないかい。

P1030206.jpg
セットから採卵まで約1ヶ月・・・ちょっと時間が開いたな。
結果は8卵・・・でも実際は採卵時にプチュ3卵なので、11卵採卵できていた。

1ヶ月で11卵・・・?
少ない。

・・・と言う訳で、上記同居になったのだ。
交尾してもらって、一杯産んで欲しいものである。

ちなみに・・・

P1030207.jpg
一番初めに採卵した卵は・・・
3卵中2卵が無事であるが、楕円形だった卵が円形になってきたようだ。
でも卵の中に幼虫は確認できない・・・無性卵?・・・いやいや結論を出すには早すぎるでしょ。

・・・あと1ヶ月くらいで結論は出るはずだ。
(^^)/・・・こんな絵を描きたいものである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ペット